主にWindows・ソフトウェア・スマートフォン関連の操作・設定を掲載してます、不定期の更新ですが是非、感想、コメント、評価をお願いします。 ブロとも・相互リンク募集中





Windows11 コンパクトビューをレジストリから有効にする

Windows11エクスプローラーに違和感があると思います。

それはファイル/フォルダーの表示間隔が異なるからです。

1AA11UHn2.jpeg


2AA11Uo6T.jpeg


コンパクトビューを有効にした状態

Microsoftは互換性を担保するために、「コンパクトビュー」を用意しました。

下記からもわかるとおり、コンパクトビューはトグル式で
切り替わり、変更も容易です。

3AA11UHnn.jpeg



ブログ有料化の為に
1クリックにご協力お願いします。


エクスプローラーで「…」→「表示」→「コンパクトビュー」と順にクリック、
コンパクトビュー有効時は、HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows
\CurrentVersion\Explorer\Advancedキーの
DWORD値「UseCompactMode」が「1」となり、無効時は「0」に切り替わる仕組みです。

コンパクトビューだけをレジストリから操作するメリットは少ないです。

なぜなら前述したGUI操作の方が簡単かつ、レジストリ操作はエクスプローラー
再起動が必要になるからです。

オススメはレジストリファイルによるPC設定時。

各種設定を一つのレジストリファイルにまとめておき、新規インストールもしくは
リセットしたWindows11の設定を一括で行っています。

バッチファイルなどコマンドライン操作を行う場合は、
「reg add "HKCU\Software\Microsoft\Windows\
CurrentVersion\Explorer\Advanced" /v UseCompactMode /t REG_DWORD /d 1 /f」と
実行するとよいです。


4AA11UHnq.jpeg


レジストリファイルの内容


 にほんブログ村 IT技術ブログへ




関連記事


















    (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

    Windows11 22H2 OneDriveの同期確認機能

    同期状態を確認できます。

    ですが、正確には消費者向けのOneDriveではなく、
    法人向けのOneDrive for Businessです。

    1AA14yetJ.jpeg

    OneDriveアイコンをクリックすると、クラウドストレージ
    容量や同期状態を示します。

    同期状態の確認時に「OneDriveOneDrive for Businessの切り替えは可能か」。
    そこでOneDrive for Businessクライアントだけ終了してみました。




    ブログ有料化の為に
    1クリックにご協力お願いします。




    2AA14ygYK.jpeg


    通知領域のOneDrive for Businessアイコンを右クリック、
    歯車アイコン→「OneDriveの終了」と順にクリックします。

    3AA14ygYN.jpeg

    クライアント終了直後は矢印アイコンが残るものの、すぐに消えてしまいます
    エクスプローラーにOneDriveの同期状態は示されず、
    現時点(ビルド22621.819)ではOneDrive for Business専用の機能と称して
    過言ではないでしょう。

    個人的には便利なので、通知領域のOneDrive/OneDrive for Business
    アイコンは非表示に切り替え。

    法人向けMicrosoft365を契約していない方には、
    本機能の存在に気付かないと思います。

    現時点でOneDrive for Businessのアイコンからは、ごみ箱および
    オンライン表示、クライアントの設定にとどまり、特に使い道はなく、
    「いい感じですが、もう一歩が足りない」。

    公式ブログは法人向け機能に終始し、消費者向けOneDriveと
    エクスプローラーが統合されるか不明、Microsoft
    一般ユーザーにももう少し優しくしてほしいと思います。



        にほんブログ村 IT技術ブログへ



    関連記事


















      (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

      Windows10 エクスプローラーで表示しているフォルダをコマンドプロンプトで開いたりアプリの起動。

      Windows]+[R]キーで[ファイル名を指定して実行
      ダイアログを開き、コマンドを入力してさまざまな
      機能を呼び出していないだろうか。
      実は、同じことがエクスプローラー
      アドレスバーでも可能だ。意外と便利な
      この機能について紹介します。


      wi-win10exploreradd01.png
      エクスプローラーのアドレスバーは
      コマンドも実行できる
      レジストリエディターを起動する場合、
      Windows]+[R]キーで[ファイル名を指定して実行
      ダイアログを開き、ここに「regedit」と
      コマンドを入力していないだろうか。
      実は、同じことがエクスプローラー
      アドレスバーでも可能です。
      意外と便利なこの機能について紹介します。


      エクスプローラーで開いているフォルダ内の
      ファイルをコマンドを使って処理したいということはないだろうか。
      このような場合、[スタート]メニューをたどったり、
      Windows]+[R]キーで[ファイル名を指定して実行
      ダイアログを開いて「cmd」と入力したりして、
      コマンドプロンプトを開くよりも、
      エクスプローラーのアドレスバーに「cmd」と入力して
      [Enter]キーを押した方がよい。
      コマンドプロンプトが、エクスプローラーで開いている
      フォルダをカレントフォルダとして開くからだ。
      特に階層が深いところのフォルダを操作したいような場合は、
      コマンドプロンプトを開いてからフォルダを
      移動しなくて済むので楽である。

      エクスプローラーのアドレスバーは、
      コマンドプロンプトを開く際などに便利なのだが、
      実はアプリケーションなどの起動も可能。
      Windows]+[R]キーで開く[ファイル名を指定して実行
      ダイアログとほぼ同等の機能を持っている。
      そこで、エクスプローラーのアドレスバーで
      コマンドやアプリケーションなどを起動する方法と、
      ファイル名を指定して実行]ダイアログとの違いを紹介します。



      コマンドプロンプトでコマンドを実行する

      エクスプローラーのアドレスバーで
      コマンドプロンプトを起動して、
      そこでコマンドを実行することができる。

      エクスプローラーをアクティブな状態にして、
      [Ctrl]+[L]キーでアドレスバーにフォーカスを移動して、
      以下のように「cmd /k」に続いて、実行したいコマンドを入力するとよい。
      コマンドプロンプトが開き、実行結果が出力される。
      「/k」オプションを使うことで、コマンドの実行が完了した後も、
      コマンドプロンプトは開いた状態のままとなる。
      コマンドを実行した後、コマンドプロンプトを閉じたい場合は、
      代わりに「/c」オプションを使うとよい。


      cmd /k <コマンド>
      コマンドプロンプトでコマンドを実行する


      wi-win10exploreradd04.png
      コマンドプロンプトを開きコマンドを実行する
      エクスプローラーのアドレスバーに「cmd /k <コマンド>」と入力すると、
      コマンドプロンプトが開き、<コマンド>が実行される。
      例えば、現在のネットワークインタフェースの設定を確認するには、
      「cmd /k netsh interface ip show config」を実行するとよい。


      エクスプローラーで開いているフォルダが
      カレントフォルダとして実行されるので、
      ファイルだけの一覧をテキストファイルに
      保存したいような場合は以下のように入力すればよい
      (一覧を取得したいフォルダを指定する必要はない)。


      cmd /c dir /a-d > filelist.txt
      ファイルの一覧をテキストファイルに出力する

      すると、同じフォルダの「filelist.txt」にファイル名のリストが出力される

      コマンドプロンプトを開いてから、一覧を取得したい
      フォルダに移動する必要がない。
      納品などでファイル名の一覧を添付する
      必要があるような人は覚えておくといいだろう。


      アドレスバーではさまざまな機能が呼び出し可能

      エクスプローラーのアドレスバーは、[ファイル名を指定して実行
      ダイアログとほぼ同様の機能を持っており、
      コマンドプロンプトが開ける以外に
      アプリケーションの起動なども行える。

      コマンドを入力し、[Enter]キーを押せば、
      該当する機能を呼び出すことが可能。
      また、アプリケーションの実行ファイル名を指定して
      起動することもできる。
      例えば、「msedge」でMicrosoft Edgeを起動したり、
      「Excel」でMicrosoft Excel、
      「winword」でMicrosoft Wordを起動できたりする。
      パスなどによっては起動に失敗して、
      Webブラウザが起動してしまうことがあるようなので、
      アプリケーションの起動については
      自分の環境でどれが起動可能か試してみてほしい。


      ファイル名 内容
      regedit レジストリエディター
      cmd コマンドプロンプト
      powershell PowerShell
      control コントロールパネル
      calc 電卓
      notepad メモ帳
      taskmgr タスクマネージャー
      winver Windowsのバージョン情報
      msconfig システム構成ユーティリティー
      gpedit.msc グループポリシーエディター(Homeエディションを除く)
      よく利用される主なコマンド


      wi-win10exploreradd05.png
      エクスプローラーのアドレスバーで
      アプリケーションを実行する(1)
      エクスプローラーのアドレスバーに「msedge」と入力し、
      [Enter]キーを押す。
      同様に「chrome」でGoogle Chromeを起動できる。


      wi-win10exploreradd06.png
      エクスプローラーのアドレスバーで
      アプリケーションを実行する(2)
      Microsoft Edgeが起動する。



      設定画面などを開く


      [ファイル名を指定して実行]ダイアログと同様、
      エクスプローラーのアドレスバーに「ms-settings:~」
      というURIスキームで示されるアドレスを入力することで、
      Windowsの設定]アプリの該当画面をコマンドで開くこともできる。

      例えば、[Windowsの設定]アプリの[Windows Update]画面を
      開きたい場合、エクスプローラーのアドレスバーに
      「ms-settings:windowsupdate」と入力して
      [Enter]キーを押すとよい。


      wi-win10exploreradd07.png
      エクスプローラーのアドレスバーから
      [Windows Update]画面を開く(1)
      エクスプローラーのアドレスバーに
      「ms-settings:windowsupdate」と入力し、[Enter]キーを押す。



      wi-win10exploreradd08.png
      エクスプローラーのアドレスバーから
      [Windows Update]画面を開く(2)
      [Windowsの設定]アプリが、
      [Windows Update]画面を開いた状態で起動する。



      [ファイル名を指定して実行]ダイアログとの主な違い

      [ファイル名を指定して実行]ダイアログでは、
      「入力」ボックスに「.」と入力すると、
      ユーザーフォルダを開いた状態でエクスプローラーを
      起動させることができる。
      だが、エクスプローラーのアドレスバーでは
      ユーザーフォルダは開かない。

      エクスプローラーのアドレスバーに「:」と入力して、
      [Enter]キーを押すと、既定のWebブラウザが
      新しいウィンドウで開く([ファイル名を指定して実行]
      ダイアログではエラーダイアログが表示される)。


      wi-win10exploreradd09.png
      エクスプローラーのアドレスバーに「:」と入力する
      既定のWebブラウザが「新しいウィンドウ」で開く。
      ここでは、既定のWebブラウザを
      Google Chromeに設定したので、Google Chromeが開いている。


      エクスプローラーのアドレスバーの場合、
      入力ミスなどで存在しないコマンドを入力してしまうと、
      既定のWebブラウザが開き、
      新しいタブでその文字列のサイトを開こうとしてしまう点も異なる。
      単純にエラーダイアログが表示されるだけではないので、
      少々時間がかかり面倒。


      wi-win10exploreradd10.png
      コマンドを入力ミスするとWebブラウザが起動する
      入力ミスなどで存在しないコマンドを入力してしまうと、
      既定のWebブラウザが開き、
      新しいタブでその文字列のサイトを開こうとしてしまう。


      「cmd」「powershell」の扱いも若干異なる。
      それぞれコマンドプロンプト/PowerShellが開くのは同じだが、
      エクスプローラーの場合は、現在エクスプローラーで開いている
      フォルダをカレントフォルダとして開く
      ([ファイル名を指定して実行]ダイアログの場合は、
      ユーザーフォルダをカレントとして開く)。


      wi-win10exploreradd11.png
      エクスプローラーのアドレスバーに「cmd」と
      入力してコマンドプロンプトを開く
      エクスプローラーのアドレスバーに「cmd」と入力して
      コマンドプロンプトを開くと、
      エクスプローラーで開いているフォルダを
      カレントフォルダとしてコマンドプロンプトが開かれる。
      コマンドプロンプトを開いてから、
      フォルダを移動する必要がないので、
      階層の深いフォルダで作業する必要があるような場合は、
      アドレスバーを使ってコマンドプロンプトを開くとよい。


      [ファイル名を指定して実行]ダイアログでは、
      「cmd」と入力して、[Ctrl]+[Shift]+[Enter]キーを
      押すことで、管理者権限でコマンドプロンプトを開くことができる。
      一方、エクスプローラーのアドレスバーの場合は、
      [Ctrl]+[Shift]+[Enter]キーを使っても管理者権限では
      起動できない(Webブラウザで「www.cmd.co.jp」サイトが開いてしまう)。


      その他、エクスプローラーのアドレスバーで入力したのと
      同名のフォルダ/ファイルが、サインイン中の
      ユーザーの「ドキュメント」フォルダ
      (デフォルトでは%USERPROFILE%\Documents)に存在していると、
      ドキュメントフォルダの方が表示あるいは実行されてしまう
      。例えば[ドキュメント]フォルダに「powershell」という
      サブフォルダがあると、エクスプローラーのアドレスバーに
      「powershell」と入力して[Enter]キーを押すと、
      <ドキュメントフォルダ>\powershell」フォルダが
      エクスプローラーで表示される。
      これは、[ドキュメント]フォルダ以外をエクスプローラーで開いている
      場合でも生じる現象です。


      このように[ファイル名を指定して実行]ダイアログと
      エクスプローラーのアドレスバーには若干の違いはあるものの、
      基本的な仕様は同じです。
      [ファイル名を指定して実行]ダイアログの代わりに、
      エクスプローラーのアドレスバーも使ってみると思います。








      にほんブログ村 IT技術ブログへ
      にほんブログ村
      関連記事


















        (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
        (この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
        検索フォーム
        カウンター



        閲覧者数
        現在の閲覧者数:
        ジャンルランキング
        [ジャンルランキング]
        コンピュータ
        250位
        ジャンルランキングを見る>>

        [サブジャンルランキング]
        ウィンドウズ
        61位
        サブジャンルランキングを見る>>
        RSSリンクの表示



        カテゴリ
        タグ一覧

         Windows   Windows10   Windows11 

         パソコン   インターネット   HTML 

         自作パソコン   コマンドプロント 

         Microsoft   アプリケーション   iPhone 

         Android   Office2021   Excel 

         Excel2021 

         AfterEffects 

        FC2リンク
      1. 赤髪船長のCUSTOMラベル

      2. ブロとも一覧

        You talkin' to me ? 2nd_新たなる驚異を求めて

        あっきーの雑記ブログ

        LEVEL1 FX-BLOG

        梅月夜の夢物語り

        株式情報市場
        QRコード
        QR
        ブログランキング




        にほんブログ村 スマホ・携帯ブログへ にほんブログ村 スマホ・携帯ブログ iPhoneへ にほんブログ村 IT技術ブログへ にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄市・コザ情報へ

        ブログ王ランキング

        相互リンクとランキングプラス

        PC・ソフトランキング









        ランキング集計結果









        タイムライン
        セキュリティーソフト
        ウイルスバスター公式トレンドマイクロ・オンラインショップ

        ノートンストア

        マカフィー・ストア

        ZERO ウイルスセキュリティ

        ソフトウェア
        Acronis True Image

        サイバーリンク Power2Go 12