主にWindows・ソフトウェア・スマートフォン関連の操作・設定を掲載してます、不定期の更新ですが是非、感想、コメント、評価をお願いします。 ブロとも・相互リンク募集中





ASUS 白色のGeForce RTX 3060発売

ASUSから、白色のGeForce RTX 3060搭載ビデオカード
DUAL-RTX3060-O8G-WHITE」が発売しました。

価格は4万6800円。

1AA17UdKC.jpeg



ブログ維持の為に
1クリックにご協力お願いします。



2AA17UPIw.jpeg


Axial-techファンを2基採用する白色のVGAクーラーを備えた
GeForce RTX 3060搭載ビデオカード

背面のバックプレートも白色になっています。

なおファンは低負荷時に回転を停止するセミファンレス仕様。

3AA17UDQq.jpeg


ブログ維持の為に
1クリックにご協力お願いします。


4AA17UGjv.jpeg

主なスペックは、ブーストクロック1837MHzのオーバークロック仕様、
ビデオメモリーは、GDDR6 8GB(メモリースピード15Gbps/1875MHz)で、
インターフェースはHDMI2.1×1、DisplayPort1.4a×3。

補助電源コネクターは8ピン×1、
カード長は200mmとなっています。


 



   にほんブログ村 IT技術ブログへ




関連記事


















    (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

    ASUS TUF GAMINGシリーズから10年保証の電源ユニット

    ASUS JAPANは、同社高耐久ブランドの
    TUF GAMINGシリーズから、電源ユニットを3製品発表しました。

    750Wモデル、850Wモデル、1,000Wモデルをラインナップ。

    メーカー想定売価はそれぞれ
    23,980円、26,980円、32,980円。


    1AA16KlGN.jpeg




    ブログ有料化の為に
    1クリックにご協力お願いします。



    ASUS、750W / 850W / 1,000Wの10年保証電源ユニット 
    - TUF GAMINGシリーズから80PLUS Gold認証を取得して
    高い電力変換効率を備えた電源ユニット。

    デュアルボールベアリング採用ファンの搭載で高い耐久性を
    備えており、10年もの長期保証が付帯する点が特徴。

    3モデルともに12VHPWRコネクタを電源ユニット側にも備え、
    最新グラフィックスカードとの組み合わせでも
    便利に利用できます。

    2AA16KlGO.jpeg


     にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ





















      (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

      ASUS 「DUAL-RTX3060TI-O8GD6X-WHITE」「TUF-RTX3070TI-O8G-V2-GAMING」発売

      ASUS JAPANは、耐久性と性能を向上させたビデオカード
      TUF-RTX3070TI-O8G-V2-GAMING」を発表しました。

      1AA15ifQ9.png

      いずれもスリーブベアリングの設計の最大2倍の耐久性を備える

      DUAL-RTX3060TI-O8GD6X-WHITEはGPUに​NVIDIA GeForce RTX​ 3060 Tiを採用。

      OCモードでの動作クロックは1710MHz、インターフェースに
      HDMI 2.1×1、DisplayPort 1.4a×3を備えてます。


      ブログ有料化の為に
      1クリックにご協力お願いします。




      2AA15izuA.png


      ダブルファンと2スロット設計で幅広い互換性を実現。

      より長いブレードを実現するAxial-techファン設計を採用し、小さなファンハブと
      下方への空気圧を増加させるバリアリングを特徴としています。


      0dBテクノロジーにより、比較的静かにゲームを楽しむことができるほか、
      硬く耐腐食性に優れるステンレス製ブラケットを採用。

      実売価格は7万6380円前後の見込み。


      3AA15ilr3.png

      TUF-RTX3070TI-O8G-V2-GAMINGはGPUにNVIDIA GeForce RTX 3070 Tiを採用し
      2.7スロットデザインのビデオカード。

      OCモードでの動作クロック数は1815MHz。

      インターフェースにHDMI 2.1×2、DisplayPort 1.4a×3を備えてます。


      4AA15ifQy.png

      ミリタリーグレードのコンデンサーやその他のTUFコンポーネントを採用した
      耐久性と性能を備えたモデルで、Axial-techファンは中央のファン方向を
      逆にして乱流を抑えた新チューニングを施している。

      実売価格は11万2800円前後の見込み。


        



      ビットフライヤーで仮想通貨
      登録するなら招待コード【2iwsgrhu】コピペお願いします。


          にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ



      関連記事


















        (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

        ASUS 3連ファン仕様GeForce RTX 3070 Ti登場

        ASUSからオリジナルVGAクーラーを採用するGeForce RTX 3070 Ti搭載ビデオカード
        TUF-RTX3070TI-O8G-V2-GAMING」が発売されました。

        価格は11万2800円。

        1AA15ogfu.jpeg
        ASUSから3連ファン仕様のGeForce RTX 3070 Tiが登場





        2AA15o5Z6.jpeg
        オリジナルVGAクーラーを採用するGeForce RTX 3070 Ti搭載ビデオカードTUF-RTX3070TI-O8G-V2-GAMING

        Axial-techファンによるオリジナル3連ファンクーラー採用のVGAクーラーを搭載。


        ブログ有料化の為に
        1クリックにご協力お願いします。



        中央のファン方向を逆にすることで乱流を抑えた新チューニングを施しています。

        厚さは2.7スロット占有で背面にはバックプレートを備えています。

        3AA15osy2.jpeg
        3連ファンの中央は逆方向に回転する。厚さは2.7スロット占有で背面にはバックプレートを装備済み

        主なスペックは、ブーストクロック1785MHz(OC時1815MHz)。

        ビデオメモリーはGDDR6X 8GBで、インターフェースはHDMI 2.1×1、
        DisplayPort 1.4a×3、補助電源コネクターは8ピン+8ピン、
        カード長は299.9mmとなっています。



         




            にほんブログ村 IT技術ブログへ




        関連記事


















          (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

          ASUS ROGからマザーボード「ROG Strix Z790-F Gaming WIFI」を発表

          ASUS JAPANは ゲーミングブランドRepublic of Gamersから、
          搭載マザーボード「ROG Strix Z790-F Gaming WIFI」を発表、
          販売を開始しました。

          実売価格は7万4980円前後の見込み。

          1AA14OuBZ.png




          電源には定格90Aの16+1電源ステージと8+8 ProCool II電源コネクター、合金チョーク、
          耐久性あるコンデンサーなどを搭載。

          ヒートパイプで接続された2つの厚いヒートシンク、M.2バックプレート、
          M.2ヒートシンクなどで冷却すします。


          2AA14OowQ.png




          ブログ有料化の為に
          1クリックにご協力お願いします。




          各種接続はPCIe 5.0に加え、30WまでPD対応の
          USB 3.2 Gen 2x2フロントパネルコネクターを搭載、
          他にもUSB 3.2 Gen 2x2 Type-CとUSB 3.2 Gen 2 Type-C(背面)、
          Thunderbolt(USB 4)ヘッダーなど豊富。

          ネットワーク機能はオンボードWi-Fi 6Eやインテル2.5Gbイーサネット
          およびASUS LANGaurdを備える。




           




          ビットフライヤーで仮想通貨
          登録するなら招待コード【2iwsgrhu】コピペお願いします。



               にほんブログ村 IT技術ブログへ



          関連記事


















            (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

            ASUS 白いハイエンドマザー「ROG MAXIMUS Z790 APEX」登場

            ASUSから、オーバークロックに特化した
            インテルZ790チップセットを採用するハイエンドマザーボード
            「ROG MAXIMUS Z790 APEX」が発売されました。
            価格は11万4980円。

            AA14zjJR.jpeg


            ブログ有料化の為に
            1クリックにご協力お願いします。



            AA14zjJT.jpeg

            ホワイト基板と同じくホワイトで統一したヒートシンクを備える

            電源回路は105A SPSによる24+0フェーズデジタルを搭載するほか、
            8+8ピンの「PROCOOL II」電源コネクターや45Aまで対応する
            「MICROFINE ALLOY CHOKES」、高温状態でも安定動作する
            固体高分子コンデンサー「SMD CAPACITORS」などの
            オーバークロック動作を前提とした高品質なパーツを採用。


            AA14z9Rh.jpeg


            そのほか、PCを即座にリセットしセーフモードで直接起動する
            「SAFE BOOT BUTTON」、BCLKを直接設定できる「BCLK BUTTONS」、
            CPUの倍率を8倍に固定する「SLOW MODE SWITCH」、
            BIOSを切り替える「BIOS SWITCH」、液体窒素(LN2)
            オーバークロックの特別なオプションと機能を有効にする
            「LN2 MODE」などのオーバークロック向け機能を搭載。

            AA14z9Rh.jpeg


            DDR5-8000対応のメモリスロットは2本。

            拡張スロットはPCI Express(5.0) x16×2、PCI Express(4.0) x4×1、
            PCI Express(4.0) x1×1という構成。

            オンボードインターフェースとして、2.5ギガビットLAN(intel)、
            Wi-Fi 6E(IEEE 802.11a/b/g/n/ac/ax)+Bluetooth 5.3 (intel)、
            サウンド(ROG SupremeFX(Realtek ALC4080) 8CH HD Audio)、
            M.2×4、SATA3.0×6、USB 3.2 Gen2×2(Type-C)、
            USB 3.1 Gen2×5、USB 3.0×8、USB 2.0×4などを装備。

            グラフィックス出力機能は用意されていません。




            ビットフライヤーで仮想通貨
            登録するなら招待コード【2iwsgrhu】コピペお願いします。



                 にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ




            関連記事


















              (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

              ASUS 第12世代Intel Coreプロセッサ対応マザーボード5製品発表

              ASUS JAPANは、第12世代Intel Coreプロセッサの
              搭載に対応するIntel Z690チップセット
              搭載マザーボード「ROG MAXIMUS Z690 HERO」
              「ROG STRIX Z690-F GAMING WIFI」
              「PRIME Z690-A」「TUF GAMING Z690-PLUS WIFI D4」
              「TUF GAMING Z690-PLUS D4」のあわせて5製品を
              日本国内向けに発売すると発表した。
              11月4日から発売を予定しており、
              価格はすべてオープンプライス。メーカー想定売価は以下の通り。

              ・ROG MAXIMUS Z690 HERO:80,850円

              ・ROG STRIX Z690-F GAMING WIFI:52,800円

              ・PRIME Z690-A:37,950円

              ・TUF GAMING Z690-PLUS WIFI D4:36,850円

              ・TUF GAMING Z690-PLUS D4:34,100円

              1AAQ2Lfk.jpg


              ROG MAXIMUS Z690 HERO

              ROG MAXIMUS Z690 HEROは、
              優れた冷却性能や電源供給、接続性を備えた
              第12世代Intel Coreプロセッサのあらゆる要求に応えるというモデル。
              I/Oカバーには大規模なライティングを搭載しており、
              さまざまなパターンやアニメーションでイルミネーションを楽しめる。

              2AAQ31BL.jpg

              ROG MAXIMUS Z690 HERO

              3AAQ2Lfo.jpg

              ・製品名:ROG MAXIMUS Z690 HERO

              ・対応メモリ: DDR5-6400×4(最大128GB)

              ・映像出力端子:HDMI 2.1×1、Thunderbolt 4 (USB Type-C)×2

              ・拡張スロット:PCIe 5.0 x16×2、PCIe 4.0 x16×1

              ・ストレージ:M.2×5 (ROG HYPER M.2 CARD使用)、SATA 6Gb/s×6

              ・無線ネットワーク:Wi-Fi 6E (802.11 a/b/g/n/ac/ax)、Bluetooth 5.2

              ・有線LAN:2.5GBASE-T×1

              ・USB(外部/内部):Thunderbolt 4×2、USB 3.2 Gen 2x2×1、
               USB 3.2 Gen 2×7 、USB 3.2 Gen 1×4、USB 2.0×6

              ・フォームファクタ:ATX(305mm×244mm)


              ROG STRIX Z690-F GAMING WIFI

              ROG STRIX Z690-F GAMING WIFIは、
              16+1フェーズの電源回路を備えた製品。
              I/Oカバーに大きなアクリルディスプレイを備えて
              AURA SYNCに協調したイルミネーションを利用できる。
              ROGロゴの下に回路基板が透けて見えるような
              デザインを採用したほか、チップセットヒートシンクには
              ファブリック素材のケーブルオーガナイザーを
              あしらうことで、ROGの世界観を表現したとしている。

              4AAQ2UBj.jpg

              ROG STRIX Z690-F GAMING WIFI

              5AAQ2WWf.jpg

              ・製品名:ROG STRIX Z690-F GAMING WIFI

              ・対応メモリ:DDR5-6400×4(最大128GB)

              ・映像出力端子:HDMI 2.1×1、DisplayPort 1.4×1

              ・拡張スロット:PCIe 5.0 x16×1、
               PCIe 3.0 x16×1、PCIe 3.0 x1×1

              ・ストレージ:PCIe 5.0 x16×1、PCIe 3.0 x16×1、
               PCIe 3.0 x1×1

              ・無線ネットワーク:Wi-Fi 6E (802.11 a/b/g/n/ac/ax)、
                Bluetooth 5.2

              ・有線LAN:2.5GBASE-T×1

              ・USB(外部/内部):USB 3.2 Gen 2x2×2、
               USB 3.2 Gen 2×3、USB 3.2 Gen 1×6、USB 2.0×6

              ・フォームファクタ:ATX(305mm×244mm)


              PRIME Z690-A

              PRIME Z690-Aは、シンプルな構成ながらプロセッサの
              高い性能を十分に引き出せるよう設計したというモデル。
              電源回路は16+1フェーズのDrMOSで、
              大きなヒートシンクを組み合わせて冷却性能を高めている。

              6AAQ2WWq.jpg

              PRIME Z690-A

              7AAQ2LfE.jpg
              ・製品名:PRIME Z690-A

              ・対応メモリ:DDR5-6000×4(最大128GB)

              ・映像出力端子:HDMI 2.1×1、DisplayPort 1.4×1

              ・拡張スロット:PCIe 5.0 x16×1、PCIe 3.0 x16×1、
               PCIe 3.0 x4×1、PCIe 3.0 x1×2

              ・ストレージ:M.2×4、SATA 6Gb/s×4

              ・無線ネットワーク:なし

              ・有線LAN:2.5GBASE-T×1

              ・USB(外部/内部):USB 3.2 Gen 2x2×1、
               USB 3.2 Gen 2×4、USB 3.2 Gen 1×6、USB 2.0×4

              ・フォームファクタ:ATX(305mm×244mm


              TUF GAMING Z690-PLUS WIFI D4

              TUF GAMING Z690-PLUS WIFI D4は、
              第12世代Intel CoreプロセッサとDDR4メモリの
              搭載に対応するモデル。
              長時間のゲームプレイにも耐えられる高い
              タフネスを備え、Wi-Fi 6も利用できる。

              8AAQ31Cg.jpg

              TUF GAMING Z690-PLUS WIFI D4

              9AAQ2Q44.jpg
              ・製品名:TUF GAMING Z690-PLUS WIFI D4

              ・対応メモリ:DDR4-5333×4(最大128GB)

              ・映像出力端子:HDMI 2.1×1、DisplayPort 1.4×1

              ・拡張スロット:PCIe 5.0 x16×1、
               PCIe 3.0 x16×1、PCIe 3.0 x4×1、PCIe 3.0 x1×2

              ・ストレージ:M.2×4、SATA 6Gb/s×4

              ・無線ネットワーク:Wi-Fi 6
               (802.11 a/b/g/n/ac/ax)、 Bluetooth 5.2

              ・有線LAN:2.5GBASE-T×1

              ・USB(外部/内部):USB 3.2 Gen 2x2×1、
               USB 3.2 Gen 2×3、USB 3.2 Gen 1×7、USB 2.0×4

              ・フォームファクタ:ATX(305mm×244mm)


              TUF GAMING Z690-PLUS D4

              TUF GAMING Z690-PLUS D4は、
              同社高耐久ゲーミングシリーズ「TUF Gaming」の
              新しいロゴを備えたマザーボード製品。
              メモリはDDR4に対応しており、
              柔軟な構成のPC構築に向くとしている。

              10AAQ2UCg.jpg

              TUF GAMING Z690-PLUS D4

              11AAQ2LfN.jpg
              ・製品名:TUF GAMING Z690-PLUS D4

              ・対応メモリ:DDR4-5333×4(最大128GB)

              ・映像出力端子:HDMI 2.1×1、DisplayPort 1.4×1

              ・拡張スロット:PCIe 5.0 x16×1、PCIe 3.0 x16×1、
               PCIe 3.0 x4×1、PCIe 3.0 x1×2

              ・ストレージ:M.2×4、SATA 6Gb/s×4

              ・無線ネットワーク:なし

              ・有線LAN:2.5GBASE-T×1

              ・USB:USB 3.2 Gen 2x2×1、USB 3.2 Gen 2×3、
               USB 3.2 Gen 1×7、USB 2.0×4

              ・フォームファクタ:ATX(305mm×244mm)



              にほんブログ村 PC家電ブログへ 
              関連記事


















                (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

                Windows 10をUEFIモードでUEFI BIOSの設定

                UEFIモードでインストールするための条件

                マザーボード: UEFIUEFI BIOS)の搭載

                UEFI BIOSの設定: UEFIブートを有効に設定

                Windowsのバージョン: Windows Vista SP1以降、
                 かつ通常64 ビット版が必要

                インストール先のHDD(SSD):
                  GPT(GUIDパーティションテーブル)でのパーティショニングが必要




                UEFIモードでインストールするメリットは

                セキュアブート

                ブートコードなどが改ざんされていないことが保証される機能が利用できる。
                ブートコードを変更する操作(ウイルスなど)は禁止されるため、
                システムの安全性が増す。ただし、UEFI 2.3.1 Errata C 以降が必要。


                2Tbytes以上のディスクからのブート

                2.2Tbytes以上のディスクをWindows OSのシステムディスクとして
                利用可能になる。
                レガシーBIOSシステムでは、2.2Tbytes以上の
                ディスクはデータ用ディスクとしてのみ利用可能であり、
                Windows OSのインストール先としては利用できなかった(
                2.2Tbytes以上の領域にはアクセスできなかった)。

                高速なシステム起動/シャットダウン

                レガシーデバイスサポート(レガシーデバイスのスキャン)などを省略し、
                高速なシステムの起動が可能となる。



                UEFI BIOSの設定

                Windows 10のインストール前に、UEFI BIOSの設定を変えておく必要がある。
                それぞれのマザーボードによって設定の仕方が異なるが、
                使用しているマザーボードの説明書等を読んで、
                以下の説明に相当する設定方法を調べれるとよい。
                今回は、使用する ASUSのマザーボード を例にとって、以下説明する。


                まず、UEFI BIOSの設定を変えるために、UEFI BIOSの設定画面に入る。
                ただし、UEFI BIOSの設定が終わったら、
                DVDドライブからWindows 10のインストーラーDVDを起動するので、
                UEFI BIOSに入る前にWindows 10のインストールメディアを
                DVDドライブにセットしておく。

                手順としては、「PC電源ON」→
                「すぐにDVDドライブを開けてインストールメディアを入れる」→
                ASUSのロゴ画面で「Delキー」を押す、となる。

                UEFI BIOSの設定画面が起動すると、以下のような画面が表示される。


                1_20210403060752c92.jpg

                UEFI BIOSが起動したら、画面左下の「Advanced Mode」をクリックして、
                詳細な設定ができるモードに移動できる。以下の設定を、続けて行う。



                SATAデバイスをAHCIモードに設定

                SATAデバイスのモードにはレガシーなIDEモードと、新しいAHCIモードがある。
                UEFIブートするためには、SATAはAHCIモードでなければならない。
                RAIDを組んでいるんであれば、RAIDでもよい。

                基本的にはデフォルトでACHIになっているはず。設定は、
                「Advancedのタブ」→「SATA Configuration」をクリックして、
                「SATA Configuration」メニューに移る。

                2_202104030632039b3.jpg


                「SATA Mode Selection」の項目を「AHCI」とする。
                デフォルトで、「AHCI」となっていた。

                3_20210403063341f37.jpg




                Secure Bootモードの解除

                セキュアブートでは、ウィルスなどによる
                ブートコードを変更する操作が禁止されるため、
                システムはより安全になる。
                しかし、セキュアブートに対応していないOSが、
                起動できなくなるという支障も発生させる。
                ここでは、セキュアブートは無効とする。

                セキュアブートを無効にするために、
                「Bootのタブ」→「Secure Boot」を
                クリックしてSecure Boot menuに入る。

                4_20210403063626087.jpg


                「OS Type」の項目を、「Other OS」に変更する。
                「Other OS」という表記だが、Secure Boot OFFの意味。
                デフォルトでは、Windows UEFI modeになって
                Secure BootがONになっていた。

                5_20210403063811c91.jpg



                ※セキュアブートを有効にしないと、OSがインストールできない場合、
                または、セキュアブートを有効にしてOSを起動したい場合は、
                「Windows UEFI mode」を選択する。
                もし、セキュアブートを有効にした場合は、
                以下のCSMモードは無効にしなければならない。

                6.jpg




                CSMモードを有効にする

                Secure Bootを無効にした時は、
                 Compatibility Support Module (CSM) を
                有効にしておいた方がよい。
                CSMを有効にしておくことで、
                UEFIドライバーを持たないデバイスとの互換性を
                向上させることができる。

                「Bootのタブ」を選び、「CSM」をクリックしてCSMの設定ページに移る。

                7.jpg


                「Launch CSM」の項目を「Enable」にする。
                デフォルトでEnableになっていた。

                8.jpg


                「Boot Device Control」の項目がある場合は、
                「UEFI only」にするとブートドライブからUEFIモードの
                ブートローダーのみ起動されるようになる。
                「UEFI only」にして、もし起動に不具合があったら、
                「UEFI and Legacy OpROM」にする。

                9.jpg

                その他、「Boot from Network Devices」、「Boot from Storage Devices」、
                「Boot from PCIe/PCI Expansion Devices」は「UEFI driver first」にする。
                もし、ブートや起動中のOSに不具合があったら、
                「Legacy OpROM first」を選択する。

                10_20210403064818f97.jpg


                ※セキュアブートを有効にしている場合は、CSMモードを無効にする必要がある。
                CSMモードを無効にするには、「Launch CSM」を「Disable」に設定する。

                11_20210403065042800.jpg



                設定の保存とインストールメディアの起動

                UEFIモードで起動するには、Bootデバイスを
                UEFIデバイスに設定しておかなければならない。
                設定は、「Bootのタブ」から「Boot Option Properties」の
                「Boot Option #1」を選択。

                12_20210403065332bb2.jpg


                UEFIの表示がある「インストールメディアを入れた光学ドライブ名」を選択。
                今回は、PIONEERの光学ドライブを使用しているので、
                「UEFI: P6: PIONEER BD-RW BDR-207M」を選択。
                #2以降の順番は重要ではない。
                インストーラーがUEFIモードで起動していないと、
                Windows 10はBIOSモードでインストールされてしまう。
                したがって、Boot Menuで必ず「UEFI: ~」と
                表示されたインストーラーが入ったドライブを選択する!

                13_2021040306570970d.jpg


                これで設定は終わったので、画面右上の「Exit」を選択し、
                「Save Changes & Reset」を選択する。
                すると、UEFI BIOSから抜け出し、光学ドライブからUEFIモードで、
                Windows 10のインストーラーが起動する。

                14_20210403065846961.jpg



                Windows 10のインストーラーが起動する際、以下のように
                「Press any key to boot from CD or DVD..... 」という
                メッセージが表示されたら、キーボードの「Enterキー」など何かキーを押す。
                ここで、何かキーを押せなかった場合は、
                PCを再起動して必ずUEFI BIOSに入って再度
                「UEFI表示のあるインストーラーが入ったドライブ」を選択して、
                Windows 10のインストーラーをUEFIモードで起動させる。

                7_20210403070240e9b.png




                Windows 10のインストーラーがUEFIモードで起動しなかったら

                15.jpg









                にほんブログ村 IT技術ブログへ
                にほんブログ村
                関連記事


















                  (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
                  (この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
                  検索フォーム
                  カウンター



                  閲覧者数
                  現在の閲覧者数:
                  ジャンルランキング
                  [ジャンルランキング]
                  コンピュータ
                  195位
                  ジャンルランキングを見る>>

                  [サブジャンルランキング]
                  ウィンドウズ
                  50位
                  サブジャンルランキングを見る>>
                  RSSリンクの表示



                  カテゴリ
                  タグ一覧

                   Windows   Windows10   Windows11 

                   パソコン   インターネット   HTML 

                   自作パソコン   コマンドプロント 

                   Microsoft   アプリケーション   iPhone 

                   Android   Office2021   Excel 

                   Excel2021 

                   AfterEffects 

                  FC2リンク
                1. 赤髪船長のCUSTOMラベル

                2. ブロとも一覧

                  You talkin' to me ? 2nd_新たなる驚異を求めて

                  あっきーの雑記ブログ

                  LEVEL1 FX-BLOG

                  梅月夜の夢物語り

                  株式情報市場
                  QRコード
                  QR
                  ブログランキング




                  にほんブログ村 スマホ・携帯ブログへ にほんブログ村 スマホ・携帯ブログ iPhoneへ にほんブログ村 IT技術ブログへ にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄市・コザ情報へ

                  ブログ王ランキング

                  相互リンクとランキングプラス

                  PC・ソフトランキング









                  ランキング集計結果









                  タイムライン
                  セキュリティーソフト
                  ウイルスバスター公式トレンドマイクロ・オンラインショップ

                  ノートンストア

                  マカフィー・ストア

                  ZERO ウイルスセキュリティ

                  ソフトウェア
                  Acronis True Image

                  サイバーリンク Power2Go 12