主にWindows・ソフトウェア・スマートフォン関連の操作・設定を掲載してます、不定期の更新ですが是非、感想、コメント、評価をお願いします。 ブロとも・相互リンク募集中





After Effects フレーム単位でテキスト文字が変化する

1.新規コンポジションを作成


コンポジション名は任意で入力
(デフォルトはコンポ 1で表示される)
デュレーションは再生時間なので4秒に設定
背景色の色をクリックし任意の色を選択する。
好みの色を選択し
OKで閉じる


2.メニューバーからレイヤーの
「新規」→「テキスト」を選ぶ

またはツールバーの[文字ツール]を
ダブルクリックする。

タイムラインにテキストレイヤーが作成され
コンポジションパネルにテキストの挿入
ポイントが表示される。


3.文字を入力する

テキストレイヤー挿入ポイントが表示されてる状態で
キーボードを使って文字を入力します
文字パネルでフォントやサイズ、色、縁取りを設定します。
フォントの種類を選び入力、今回はYellow(任意の文字)を入力
フォントサイズを設定し
整列パネルで水平方向に整列をクリックで
コンポジションパネルにテキストが中央揃えになる。


4.タイムラインのプロパティと
「開始」プロパティに開始点のキーフレームを作成する

1_20210912070740338.jpg
ソーステキストの左のストップウォッチにチェックを入れる
そうすると開始キーフレームが作成される。


5.「開始」プロパティに終了点のキーフレームを2つ作成する

①「現在の時間インジケーター」をタイムラインの1秒目に移動する
②テキストの文字をダブルクリックし
文字と色を入力する。
今回はBlue(任意の文字)を入力し
整列パネルで水平方向に整列をクリックで
コンポジションパネルにテキストが中央揃えになる。
③自動的に終了点キーフレームが作成されます。

2_202109120709059b5.jpg

コンポジションパネルの画面にBlueの文字が表示される。
3_20210912070927a96.jpg


更に同じ工程をもう一度行う
①「現在の時間インジケーター」を更に1秒目に移動する
②テキストの文字をダブルクリックし
文字と色を入力する。
今回はBlack(任意の文字)を入力し
整列パネルで水平方向に整列をクリックで
コンポジションパネルにテキストが中央揃えになる。
③自動的に終了点キーフレームが作成されます。

4_202109120710568e5.jpg

コンポジションパネルの画面にBlackの文字が表示される。
5_2021091207113483b.jpg


6.プレビューで確認

プレビューパネルの再生ボタンを
クリックしアニメーションを確認

16_20210902073830220.jpg



一連の動画です補足も載ってるので参考にしてください。









にほんブログ村 PC家電ブログ Windowsへ



関連記事


















    (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

    After Effects テキスト文字がランダムな順番で変化する‼

    1.新規コンポジションを作成

    3_20210902072521337.jpg
    コンポジション設定画面が表示されます


    4_20210902072621b0d.jpg
    ①コンポジション名は任意で入力
    (デフォルトはコンポ 1で表示される)
    ②デュレーションは再生時間なので4秒に設定
    ③背景色の色をクリックし任意の色を選択する。

    5_20210902072723a24.jpg
    好みの色を選択
    任意の背景色を設定
    ④OKで閉じる


    2.メニューバーからレイヤーの
    「新規」→「テキスト」を選ぶ

    6_20210902072838351.jpg

    またはツールバーの[文字ツール]を
    ダブルクリックする。

    7_20210902072921b6c.jpg


    タイムラインにテキストレイヤーが作成され
    コンポジションパネルにテキストの挿入
    ポイントが表示される。
    8_20210902073014bfe.jpg


    3.文字を入力する
    テキストレイヤー挿入ポイントが表示されてる状態で
    キーボードを使って文字を入力します

    1_202109060911090c8.jpg
    文字パネルでフォントやサイズ、色、縁取りを設定します。
    ①フォントの種類を選ぶ今回はSummerを入力
    ②フォントサイズは300px(ピクセル)に設定
    ③今回は色の設定を白、線の色を赤に設定


    2_202109060912066b3.jpg
    整列パネルで水平方向に整列をクリックで
    コンポジションパネルにテキストが中央揃えになる。


    4.アニメータープロパティを設定する
    メニューバーからアニメーション
    [テキストのアニメータープロパティを追加]→[位置]を選択

    3_20210906091257d11.jpg

    タイムラインのプロパティに「アニメーター1」
    「範囲セレクター1」、「位置」が追加されます。

    4_20210906091339e5a.jpg


    5.タイムラインパネルで不透明度の設定
    タイムラインで「アニメーター1」にある「範囲セレクター1」の下に
    表示されている「位置」の数値を設定
    数値がデフォルトで0.0.0.0になってるが
    ここでは「0.0.-800.0」に設定する

    5_202109060914205af.jpg
    コンポジションパネルの文字が
    「位置」が「0.0.-800.」のため
    コンポジションの画面の文字は上に移動し隠れる。
    ※「トランスフォーム」の「不透明度」でなく
    「範囲セレクター1」の「不透明度」を使用する


    6.「開始」プロパティに開始点のキーフレームを作成
    「現在の時間インジケーター」をタイムラインの左側、0フレームの
    位置に配置する、「範囲セレクター1」を開き「開始」プロパティの
    左側のストップウォッチをクリックし、この時「開始」の数値を
    「0%」に設定しアニメーション開始点の
    キーフレームが作成される。

    6_202109060915570b6.jpg


    7.「開始」プロパティに終了点のキーフレームを作成

    7_20210906091646bbc.jpg
    ①「現在の時間インジケーター」をタイムラインの2秒目に移動する
    ②「開始」プロパティの数値を「100%」に設定します。
    ③自動的に終了点キーフレームが作成されます。 


    8_20210906091726cb3.jpg
    「範囲セレクター1」の下に「高度」の項目があるので
    その一覧から「順序をランダム化」の設定をオンにし
    再生する事で文字が上からランダムに落ちて来ます。

    8.プレビューで確認
    プレビューパネルの再生ボタンを
    クリックしアニメーションを確認

    16_20210902073830220.jpg


    【補足】
    「範囲セレクター1」の下に「高度」の項目があるので
    その一覧から「順序をランダム化」の設定をオンの状態で
    下に表示されてる「ランダムシード」の数値を5に設定し
    再生すると落ちてくる文字の配列の順番が変わります。

    9_20210906091922236.jpg



    一連の動画です参考にしてください。





      にほんブログ村 PC家電ブログ Windowsへ




    関連記事


















      (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

      After Effects テキストが一文字ずつフェードアウトする

      After Effects(アフターエフェクツ)のパネル構成

      1_202109020723257c1.jpg


      メニューバー

      2_20210902072417f8c.jpg


      1.新規コンポジションを作成

      3_20210902072521337.jpg

      コンポジション設定画面が表示されます。

      4_20210902072621b0d.jpg
      ①コンポジション名は任意で入力
      (デフォルトはコンポ 1で表示される)
      ②デュレーションは再生時間なので4秒に設定
      ③背景色の色をクリックし任意の色を選択する。


      5_20210902072723a24.jpg
      好みの色を選択
      今回は背景色の色を#03D0FC(シアン)に設定

      ④OKで閉じる


      2.メニューバーからレイヤーの
      「新規」→「テキスト」を選ぶ

      6_20210902072838351.jpg

      またはツールバーの[文字ツール]を
      ダブルクリックする。

      7_20210902072921b6c.jpg


      タイムラインにテキストレイヤーが作成され
      コンポジションパネルにテキストの挿入
      ポイントが表示される。

      8_20210902073014bfe.jpg


      3.文字を入力する
      テキストレイヤー挿入ポイントが表示されてる状態で
      キーボードを使って文字を入力します。

      9_20210902073057965.jpg
      文字パネルでフォントやサイズ、色、縁取りを設定します。
      ①フォントの種類を選ぶ
      ②フォントサイズは200px(ピクセル)に設定
      ③今回は色の設定を白、線の色を赤に設定


      10_20210902073147cb1.jpg
      整列パネルで水平方向に整列をクリックで
      コンポジションパネルにテキストが中央揃えになる。


      4.アニメータープロパティを設定する
      メニューバーからアニメーション
      [テキストのアニメータープロパティを追加]→[不透明度]を選択

      11_20210902073255082.jpg


      タイムラインのプロパティに「アニメーター1」
      「範囲セレクター1」、「不透明度」が追加されます。

      12_2021090207333593c.jpg


      5.タイムラインパネルで不透明度の設定
      タイムラインで「アニメーター1」にある「範囲セレクター1」の下に
      表示されている「不透明度」の数値を設定
      数値100%になってるが
      ここでは「0%」に設定

      13_20210902073442109.jpg
      コンポジションパネルの文字が
      「不透明度」が「0%」のため
      コンポジションの画面の文字は非表示になる。

      ※「トランスフォーム」の「不透明度」でなく
      「範囲セレクター1」の「不透明度」を使用する


      6.「開始」プロパティに開始点のキーフレームを作成
      「現在の時間インジケーター」をタイムラインの左側、0フレームの
      位置に配置する、「範囲セレクター1」を開き「終了」プロパティの
      左側のストップウォッチをクリックし、この時「終了」の数値を
      「0%」に設定しアニメーション開始点の
      キーフレームが作成される。

      14_20210902073639990.jpg


      7.「開始」プロパティに終了点のキーフレームを作成

      15_20210902073746401.jpg

      ①「現在の時間インジケーター」をタイムラインの2秒目に移動する
      ②「終了」プロパティの数値を「100%」に設定します。
      ③自動的に終了点キーフレームが作成されます。 

      8.プレビューで確認
      プレビューパネルの再生ボタンを
      クリックしアニメーションを確認

      16_20210902073830220.jpg



      一連の動画です参考にしてください。








      にほんブログ村 PC家電ブログ Windowsへ



      関連記事


















        (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

        After Effects テキストが一文字ずつ大きさを変えて表示される

        1.コンポジションを選び
        新規コンポジションを選択。

        1_20210813101546041.jpg


        2_20210813101841d9a.jpg

        ①コンポジション名は任意

        ②デュレーションは再生時間なので4秒に設定

        3_20210813102108e5d.jpg

        ③背景色の色をクリックする。
         今回は背景色の色を#6FFD06(ライム)に設定しOKで閉じる

        2.新規テキストレイヤーを作成する
        レイヤーの「新規」→「テキスト」を選ぶ

        4_20210813102540861.jpg
        またはツールバーの[文字ツール]を
        ダブルクリックする。

        5_20210813102625ae5.jpg


        タイムラインにテキストレイヤーが作成され
        コンポジションパネルにテキストの挿入
        ポイントが表示される。

        6_202108131027140a3.jpg


        3.文字を入力する
        テキストレイヤー挿入ポイントが表示されてる状態で
        キーボードを使って文字を入力します。

        7_2021081310290043d.jpg

        文字パネルでフォントやサイズ、色、線などを設定します。

        ①フォント
        ②フォントサイズは400px(ピクセル)に設定
        ③今回は色の設定を白、線の色を赤に設定


        4.アニメータープロパティを設定する
        [スケール]のアニメータープロパティを追加
        テキストレイヤーを選択してる状態でアニメーションメニューの
        [テキストのアニメータープロパティを追加]→[スケール]を選択

        8_202108131032415c8.jpg
        タイムラインのプロパティに「アニメーター1」
        「範囲セレクター」、「スケール」が追加されます。


        9_202108131034042cf.jpg


        5.スケールのサイズを設定
        タイムラインで「アニメーター1」にある「範囲セレクター」の下に
        表示されている「スケール」の数値を設定
        ここでは「0.0.0.0%」に設定
        「スケール」が「0%」のため非表示になる。


        10_20210813103610069.jpg
        ※「トランスフォーム」の「スケール」でなく
        「範囲セレクター」の「スケール」を使用する


        6.「開始」プロパティに開始点のキーフレームを作成
        「現在の時間インジケーター」をタイムラインの左側、0フレームの
        位置に配置する、「範囲セレクター1」を開き「開始」プロパティの
        左側のストップウォッチをクリックし、この時「開始」の数値は
        「0%」に設定しアニメーション開始点の
        キーフレームが作成される。

        11_20210813103841944.jpg


        7.「開始」プロパティに終了点のキーフレームを作成
        「現在の時間インジケーター」をタイムラインの2秒目に移動する
        「開始」プロパティの数値を「100%」に設定します。
        自動的に終了点キーフレームが作成されます。 

        12_20210813104148ad2.jpg



        8.プレビューで確認
        時間制御パネルのRAMプレビューボタンを
        クリックしアニメーションを確認


        13_20210813104331210.jpg

        ※範囲セレクターの「開始」「終了」プロパティの数値の組み合わせで
        「左側からスケールが大きくなっていくアニメーション」と
        「左側からスケールが小さくなっていくアニメーション」を設定する
        ことが出来ます。
        スケールが小さくなるアニメーションは以下の設定で作成する
        ことが出来ます。

        スケール:0%
        開始:0%
        終了:0%→100%(キーフレームでアニメート)



        9.作成したファイルを動画形式で保存
        コンポジション→レンダーキューに追加をクリック

        14_20210813105113640.jpg


        タイムラインにレンダーキューが追加され
        出力モジュールの▼ロスレス圧縮をクリック 

        15_20210813105156c4b.jpg



        16.jpg

        形式をQuickTimeに選択し右下のOKをクリック

        17.jpg

        カスタムQuickTimeを確認し
        主力先:▼ファイル名.movをクリックし
        保存先の任意の場所を選び保存をクリック
        右上のレンタリングをクリックし
        動画形式に保存される。
         

        一連の操作を掲載しました。
        画面周りが若干違い、文字は
        変更してますが、操作内容は一緒です。

        YouTube参考にしてくれた方は
        ご感想、コメント、高評価
        良ければチャンネル登録
        よろしくお願いします。






        にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術メモへ



        関連記事


















          (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
          (この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
          検索フォーム
          カウンター



          閲覧者数
          現在の閲覧者数:
          ジャンルランキング
          [ジャンルランキング]
          コンピュータ
          195位
          ジャンルランキングを見る>>

          [サブジャンルランキング]
          ウィンドウズ
          50位
          サブジャンルランキングを見る>>
          RSSリンクの表示



          カテゴリ
          タグ一覧

           Windows   Windows10   Windows11 

           パソコン   インターネット   HTML 

           自作パソコン   コマンドプロント 

           Microsoft   アプリケーション   iPhone 

           Android   Office2021   Excel 

           Excel2021 

           AfterEffects 

          FC2リンク
        1. 赤髪船長のCUSTOMラベル

        2. ブロとも一覧

          You talkin' to me ? 2nd_新たなる驚異を求めて

          あっきーの雑記ブログ

          LEVEL1 FX-BLOG

          梅月夜の夢物語り

          株式情報市場
          QRコード
          QR
          ブログランキング




          にほんブログ村 スマホ・携帯ブログへ にほんブログ村 スマホ・携帯ブログ iPhoneへ にほんブログ村 IT技術ブログへ にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄市・コザ情報へ

          ブログ王ランキング

          相互リンクとランキングプラス

          PC・ソフトランキング









          ランキング集計結果









          タイムライン
          セキュリティーソフト
          ウイルスバスター公式トレンドマイクロ・オンラインショップ

          ノートンストア

          マカフィー・ストア

          ZERO ウイルスセキュリティ

          ソフトウェア
          Acronis True Image

          サイバーリンク Power2Go 12