主にWindows・ソフトウェア・スマートフォン関連の操作・設定を掲載してます、不定期の更新ですが是非、感想、コメント、評価をお願いします。 ブロとも・相互リンク募集中





Windows11 タスクバーからAI搭載「Bing検索」を利用可能に

新しいAIを搭載したBing検索タスクバーから
利用できる機能など、多数の新機能を追加した
Windows11の大規模アップデートを発表しました。

1AA184xKH.jpeg



ブログ維持の為に
1クリックにご協力お願いします。



一部の機能は「プレビュー」としてWindows Insider向けの公開となるが、
ほとんどの機能はWindows UpdateとMicrosoft Storeから
ダウンロードできる新しいアプリケーションを通じて
順次リリースが開始される予定。

タスクバーの検索窓からBingを起動

2AA184sre.png

画面下部のタスクバーに追加される検索窓をクリックすると、
最近使ったドキュメントやアプリ、今日のニュースなど
が登録されている検索ボックスが開き、
そこから「新しいBing」のチャット検索を始められるようになりました。

ただし、利用するには新しいBingのプレビューに参加している必要があり。

まだ参加していない場合はウェイティングリストへの登録が必要です。

また、チャット自体は検索ボックス内ではなく
Webブラウザーが開いて回答するようだ。

「Edge」以外のブラウザーが使えるかどうかは不明だがおそらく
その可能性は低いと思われる。



スマートフォン連携」が待望のiOSに対応

3AA184zlU.png

Windowsには従来より「スマートフォン連携」というアプリがあり、
PCから電話の通知や着信を管理したり、スマートフォン内の
写真にアクセスしたりできるようになっていたが、
これまではAndroidのみの対応になっていた。

今回のアップデートでiOSにも対応しiPhoneユーザーも利用できるようになる。

ただし、iOSへの対応は最新のアップデートには含まれておらず、
最初はWindows Insider向けのプレビュー公開となる模様。

その後フィードバックを経て一般公開されるようだ。




4AA184srj.png

今回のアップデートでは他にも以下をはじめとする細かな機能向上が多数追加されています。

・タッチエクスペリエンスの向上
・「Snipping Tool(切り取り領域とスケッチ)」に画面録画(動画キャプチャー)機能を追加
・「メモ帳」のタブ対応
・「Windows Studio Effects」の機能向上
・「Spotify」「Facebookメッセンジャー」などサードパーティー製ウィジェットの追加
・ウィジェットのフルスクリーン化
 特に画面録画機能については待っていた人も多いと思う。

 さらに、Windowsをより利用しやすく持続可能なものにするための
継続的なアップデートも多数含まれています。



 にほんブログ村 IT技術ブログへ




関連記事


















    (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

    Windows11 教育用テーマの設定

    Windows11のテーマ機能は、セキュリティの関係から
    Microsoftアカウントによる同期対象から外され、
    当初ほどの強い印象を持たなくなりました。

    それでもWindows11 22H2では一つの能力を追加しています。

    それは教育機関向けWindows for Education専用のテーマです。

    公式ドキュメントでは、Microsoft Intuneや
    PPKG(プロビジョニングパッケージ)による有効化手順を
    紹介していますが、今回はレジストリから有効化します。

    1AA15zrbn.jpeg
    「Win」+「X」キー→「A」キーと順に押すか、スタートを右クリックし、
    Windowsターミナル(管理者)」をクリックします。

    2AA15zktM.jpeg
    Windows PowerShellのプロンプトに以下の内容をコピー&ペーストし、
    「Enter」キーを押します。

    reg add "HKLM\SOFTWARE\Microsoft\PolicyManager\current\device\Education" /v "EnableEduThemes" /t REG_DWORD /d 1 /f


    3AA15zoWx.jpeg
    続いて「gpupdate」と入力して「Enter」キーを押します。


    ブログ維持の為に
    1クリックにご協力お願いします。


    4AA15zgjh.jpeg

    スタートメニューのユーザーメニューから「サインアウト」をクリックして、
    Windows11に再サインインしますレジストリキーからも分かるように、
    ポリシー設定で教育用テーマを有効にしていますが、テーマファイルを
    ダウンロードさせるには、Windows11への再サインインが必要です。

    後は「設定」の「個人用設定/テーマ」を開き、教育用テーマを選択します。


    5AA15zrbE.jpeg

    検索ボックスに「テーマ」と入力し、「テーマと関連項目の設定」をクリックします。

    6AA15zkua.jpeg

    テーマページから、任意の教育用テーマをクリックで有効にします。

    7AA15zoWU.jpeg
    こちらはダークモード向け「Planets」

    8AA15z9Rr.jpeg
    こちらはライトモード向け「Planets」

    上図のとおりダークモードライトモードのテーマが二つ加わる形です。

    お子さんの自宅用PCで機能を有効化し、選ばせてみても面白いと思います。

    なお、本機能が不要になった際は、
    reg delete "HKLM\SOFTWARE\Microsoft\PolicyManager\current\device\Education" /v "EnableEduThemes" /f」を
    管理者権限で実行してください。



     にほんブログ村 IT技術ブログへ



    関連記事


















      (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

      Windows11 コンパクトビューをレジストリから有効にする

      Windows11エクスプローラーに違和感があると思います。

      それはファイル/フォルダーの表示間隔が異なるからです。

      1AA11UHn2.jpeg


      2AA11Uo6T.jpeg


      コンパクトビューを有効にした状態

      Microsoftは互換性を担保するために、「コンパクトビュー」を用意しました。

      下記からもわかるとおり、コンパクトビューはトグル式で
      切り替わり、変更も容易です。

      3AA11UHnn.jpeg



      ブログ有料化の為に
      1クリックにご協力お願いします。


      エクスプローラーで「…」→「表示」→「コンパクトビュー」と順にクリック、
      コンパクトビュー有効時は、HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows
      \CurrentVersion\Explorer\Advancedキーの
      DWORD値「UseCompactMode」が「1」となり、無効時は「0」に切り替わる仕組みです。

      コンパクトビューだけをレジストリから操作するメリットは少ないです。

      なぜなら前述したGUI操作の方が簡単かつ、レジストリ操作はエクスプローラー
      再起動が必要になるからです。

      オススメはレジストリファイルによるPC設定時。

      各種設定を一つのレジストリファイルにまとめておき、新規インストールもしくは
      リセットしたWindows11の設定を一括で行っています。

      バッチファイルなどコマンドライン操作を行う場合は、
      「reg add "HKCU\Software\Microsoft\Windows\
      CurrentVersion\Explorer\Advanced" /v UseCompactMode /t REG_DWORD /d 1 /f」と
      実行するとよいです。


      4AA11UHnq.jpeg


      レジストリファイルの内容


       にほんブログ村 IT技術ブログへ




      関連記事


















        (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

        Windows11 22H2の新機能、フォーカスセッション

        Windows10から「集中モード」として搭載していた機能は、
        Windows11 バージョン22H2で若干の強化を施しています。

        既存の抑止機能を再整理したフォーカスセッションは、
        応答不可モード(従来の集中モード)が有効になり、
        タスクバーアプリのバッジや点滅が無効になるります。

        1AA13bmtC.jpeg

        検索ボックスに「集中」と入力し、検索結果の「フォーカスの設定」をクリックします。

        2AA13ctHv.jpeg

        設定」の「システム/フォーカス」が開き、フォーカスセッション設定
        可能になります類似する機能が分割して分かりにくいものの、
        応答不可モードは“自動で有効化できる応答ブロック機能”、
        フォーカスセッションは“数十分や数時間と任意の集中時間を設ける機能”と
        捉えるといいです。

        ブログ有料化の為に
        1クリックにご協力お願いします。


        3AA13ctHG.jpeg

        フォーカスセッションは「クロック」からも実行可能。

        実行中はタスクバーにアイコンが現れフォーカスセッションは万能ではないです。

        通知の有無はアプリ側の制御に任されているからです。

        通知領域に待機するタイプのアプリが発する通知に対しては無力です。

        4AA13bTc3.jpeg

        SkypeおよびMicrosoft Teamsのステータス、
        フォーカスセッション中も連絡可能のままです。

        5AA13ctHX.jpeg

        他の環境からSkypeにメッセージを送信すると、新規メッセージを示す
        オーバーレイアイコンが加わり先に示した図のように起動方法が煩雑。

        「クロック」を起動すればワンステップで済むものの、
        これこそクイック設定から呼び出す機能だと思います。

        フォーカスセッションは“帯に短したすきに長し”との印象。

        有用であることに間違いはないので、今後の改善を期待したいです。





        ビットフライヤーで仮想通貨
        登録するなら招待コード【2iwsgrhu】コピペお願いします。



             にほんブログ村 IT技術ブログへ




        関連記事


















          (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

          Windows11 22H2でBluetoothデバイスの管理

          Windows10時代からクイック設定を使う場面が少なりました。

          強いていえばボリューム調整ぐらいでした、音量調整アプリ
          EarTrumpet」(リンクはEdgeブラウザ推奨)に出会ってから、
          その機会も減少している状況です。

          1AA12HWvI.jpeg

          音量調整アプリの「EarTrumpet」。

          各ソフトウェアの音量を個別に制御できますBluetoothヘッドホンを多用すると、
          Windows11 バージョン22H2で改善したクイック設定が便利になり。

          Bluetoothで過去にペアリングされたデバイスが一覧で表示され、
          デバイスをクリックすると接続を試してみます。

          2AA12HTKt.jpeg



          ブログ有料化の為に
          1クリックにご協力お願いします。



          通知領域からクイック設定を開き、Bluetoothの矢印アイコンをクリックします。

          3AA12HTKx.jpeg

          ペアリング済みデバイスや未ペアリングデバイスが並んでます

          4AA12HWw3.jpeg

          デバイスをクリックで接続を試してみます。

          一連の操作は「Win」+「A」キーでクイック設定を開き、
          矢印キーと「Tab」キーでも操作可能。

          いまだ原因を特定できていないが、何らかの拍子にBluetoothデバイスの接続が
          切断した際は、クイック設定から状況を確認しています。

          無線LANも同様のポップアップウィンドウから接続先を切り替えられるので、
          ノートPC/2in1 PCを持ち歩く方にも有用だと思います。


          ビットフライヤーで仮想通貨
          登録するなら招待コード【2iwsgrhu】コピペお願いします。



               にほんブログ村 IT技術ブログへ




          関連記事


















            (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

            Windows11 22H2「Clipchamp」のアンインストール

            Windows11 22H2に更新すると、画像・動画ファイルのコンテキストメニュー
            Clipchampで編集」が現れる。

            1AA14MAEG.jpeg

            Clipchamp(クリップチャンプ)は、2013年にオーストラリアで創業した
            同名企業のオンライン動画編集ツールで、
            現地時間2021年9月7日の発表どおり、Microsoft傘下企業の一つに加わった。

            Microsoft365 Appsの強化に用いるものだと思ってましたが、フタを開ければ
            ご覧のとおり、Windows11の機能ツールとして提供。

            2AA14MMWm.jpeg






            3AA14MKHw.jpeg

            Clipchamp既定の無償プランと有償プランの違いMicrosoft傘下に加わったためか、
            無償ライセンスでエクスポートできる解像度も480pから1080pまで緩和しています。

            消費者としては歓迎ですが、動画編集する機会がない方はClipchamp
            アンインストールするのが一番簡単だと思います。

            4AA14MMWy.jpeg

            検索ボックスで「Clipchamp」を検索し、

            5AA14MAEV.jpeg

            ClipchampはMicrosoft Storeからも入手でき一方で「いつか動画編集するかも……」と
            お考えの方は、レジストリーからClipchampのエントリーを
            ブロックする方法がおススメです。

            6AA14MUir.jpeg

            Windowsターミナルを起動し、下記内容をコピー&ペーストして実行。

            reg add "HKCU\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Shell Extensions\Blocked" /v "{8AB635F8-9A67-4698-AB99-784AD929F3B4}" /t REG_SZ /f


            ブログ有料化の為に
            1クリックにご協力お願いします。



            アプリアンインストールと、レジストリー操作の二つを紹介しました。

            レジストリーに詳しい方にはおなじみのShell Extensions\Blockedキーに、
            ClipchampのGUIDを登録して「Clipchampで編集」を抑制しています。

            お好みの方法を選んでみてください。

            7AA14MMWF.jpeg

            Windows11に再サインインすると、画像・動画ファイルのコンテキストメニューから
            「Clipchampで編集」が取り除かれます。



            ビットフライヤーで仮想通貨
            登録するなら招待コード【2iwsgrhu】コピペお願いします。



                 にほんブログ村 IT技術ブログへ



            関連記事


















              (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

              Windows11 検索アイコンがボックス化


              アップデート後、検索ボックスに変化しました。

              1AA14gBmb.jpeg

              (上)Windows 11 ビルド22621.819の検索アイコンと、(下)ビルド22623.891の
              検索バータスクバーにピン留めするアプリは必要最小限。

              「Win」+「S(Q)」キーで起動するWindows11検索機能や、任意の
              ショートカットキーを割り当てられるPowerToysのPowerToys Runで
              検索機能を起動します。

              私は、常に検索アイコンを非表示にしています。



              2AA14gGeL.jpeg

              検索バーは「設定」の「個人用設定/タスクバー」で非表示にできる検索ボックス
              一見すると、文字列を直接入力するように見えますが、現時点では検索ウィンドウの
              呼び出しにとどまって、「なぜアイコンからボックスに変更した」のか不明。


              ブログ有料化の為に
              1クリックにご協力お願いします。



              Microsoftが仕様変更に言及したのは、「検索の価値を高めつつ、広範な
              検索体験の摩擦を減らすため、タスクバーからWindows検索を使用する
              方法を試している」と説明しているとおり、本機能は発展途上なのでしょう。

              3AA14gmXI.jpeg

              「検索」をクリックすると、いつもの検索ページが現れ検証してみましたけど、
              使い勝手はさほど向上してないです。

              以前から導入されていた検索ボックスですが、ベータチャネルへの展開を踏まえると、
              Windows11をお使いの方は非表示とショートカットキーの利用をオススメします。




              ビットフライヤーで仮想通貨
              登録するなら招待コード【2iwsgrhu】コピペお願いします。



                 にほんブログ村 IT技術ブログへ




              関連記事


















                (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

                Windows11 22H2 OneDriveの同期確認機能

                同期状態を確認できます。

                ですが、正確には消費者向けのOneDriveではなく、
                法人向けのOneDrive for Businessです。

                1AA14yetJ.jpeg

                OneDriveアイコンをクリックすると、クラウドストレージ
                容量や同期状態を示します。

                同期状態の確認時に「OneDriveOneDrive for Businessの切り替えは可能か」。
                そこでOneDrive for Businessクライアントだけ終了してみました。




                ブログ有料化の為に
                1クリックにご協力お願いします。




                2AA14ygYK.jpeg


                通知領域のOneDrive for Businessアイコンを右クリック、
                歯車アイコン→「OneDriveの終了」と順にクリックします。

                3AA14ygYN.jpeg

                クライアント終了直後は矢印アイコンが残るものの、すぐに消えてしまいます
                エクスプローラーにOneDriveの同期状態は示されず、
                現時点(ビルド22621.819)ではOneDrive for Business専用の機能と称して
                過言ではないでしょう。

                個人的には便利なので、通知領域のOneDrive/OneDrive for Business
                アイコンは非表示に切り替え。

                法人向けMicrosoft365を契約していない方には、
                本機能の存在に気付かないと思います。

                現時点でOneDrive for Businessのアイコンからは、ごみ箱および
                オンライン表示、クライアントの設定にとどまり、特に使い道はなく、
                「いい感じですが、もう一歩が足りない」。

                公式ブログは法人向け機能に終始し、消費者向けOneDriveと
                エクスプローラーが統合されるか不明、Microsoft
                一般ユーザーにももう少し優しくしてほしいと思います。



                    にほんブログ村 IT技術ブログへ



                関連記事


















                  (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

                  Windows11 高速化ツールのβ版リリース

                  最適化ツールがリリースさました。

                  最初は中国マイクロソフトから公開されたもので、
                  Windows11Windows10はバージョン1809以降)を
                  手軽に高速化できるのがウリです。

                  現在でもパブリックβ版となっていますが、
                  英語ページが用意されて誰でもダウンロードで
                  きるようになっています。

                  なかなか便利なので、Windows11の動作が重い、
                  と感じている人は試してみてはいかがでしょうか?

                  AA14wBuJ.png
                  「Microsoft PC Manager」をインストール。

                  配布サイトMicrosoft PC Manager を開き、「Download」をクリック。

                  「Microsoft PC Manager」をインストールしたら、「Launch Now」を
                  クリックして実行します。

                  デスクトップ右下に、縦長のアプリが起動すします。


                  UIは英語ですが、簡単に使えるので安心してください。

                  利用メモリーや一時ファイルのサイズが表示され、
                  ヘルスチェックやストレージ管理
                  プロセス管理、スタートアップアプリと
                  いった項目が並んでいます。

                  2AA14wZkd.png

                  3AA14wZke.png
                  「Boost」をクリックするとメモリーを解放できます。



                  ブログ有料化の為に
                  1クリックにご協力お願いします。



                  Windows11の動作が重いと感じているなら、「Boost」を
                  クリックしてみましょう。

                  一時ファイルを削除し、メモリーを解放してくれます。

                  メモリー利用量が78%、一時ファイルが1.8GBあった状態で、
                  「Boost」してみたところ、メモリー利用量は65%、
                  一時ファイルは0KBになりました。

                  Windows11の動作も軽くなっている気がします。

                  「Health Check」をクリックすると、削除できる
                  キャッシュやログファイルと無効化できる
                  スタートアッププロセスが表示されます。


                  不要な項目にチェックを付けて、「Proceed」を
                  クリックすれば適用できます。

                  「Item to cleanup」の項目は削除しても問題ありませんが、
                  スタートアップアプリはよく確認すること。

                  利用頻度が「LOW」のアプリならよいですが、良く使う
                  アプリをオフにすると、必要な時に
                  毎回起動しなければならなくなります。

                  4AA14wBuO.png
                  「Health Check」でキャッシュの消去とスタートアップ
                  アプリのオンオフができます。

                  「Storage management」では4つの項目が用意されています。


                  「Deep Cleanup」では、WindowsUpdateで利用したファイルや作業用ファイル、
                  ウェブキャッシュなどを消去できます。

                  削除できるデータ容量を見ながら、不要な項目に
                  チェックを入れ、「Proceed」をクリックしましょう。

                  5AA14wZkf.png
                  「Storage management」からは4機能を利用できます。

                  6AA14wDBT.png


                  7AA14wKsl.png
                  「Proceed」をクリックすれば、チェックした項目を削除できます。

                  「Manage large files」では、サイズの大きいファイルを検索できます。

                  サイズやファイルタイプを選び、「View in File Explorer」を
                  クリックするとエクスプローラーが開き、
                  検索機能で絞り込んだファイルが一覧表示されます。

                  必要に応じて、削除したり移動させたりして、
                  ストレージの空き容量を増やしましょう。

                  残りの2つは単なる設定画面へのリンクで、「Manage Apps」は
                  「インストールされているアプリ」設定画面、
                  「Storage Sense」は「ストレージセンサー」設定画面が開きます。

                  8AA14wSaM.png
                  ストレージを圧迫しているファイルを見つけ出せます。

                  9AA14wBuT.png
                  「Manage Apps」をクリックすると「インストールされているアプリ」の
                  設定画面が開きます。


                  「Process management」を開くと、起動しているプロセスの
                  一覧が表示されます。

                  不要なプロセスの「End」をクリックすると終了でき、
                  CPUやメモリーの負担を軽くできます。

                  ただし、不要であるときちんと理解できている項目のみ終了させること。

                  よくわからない場合、適当に終了させるとシステムが
                  不安定になることがあるので注意しましょう。

                  10AA14wZkm.png
                  不要なプロセスを終了できます。

                  「Startup apps」ではWindows11にログインする際、自動的に起動する
                  アプリやプロセスが一覧表示されます。

                  「End」をクリックして無効化すれば、自動起動しなくなります。

                  アプリはアンインストールされないので、必要に応じて
                  手動で起動すれば利用できます。

                  ただし、何のアプリかわからない場合は、
                  基本的に触らないようにしておこう。

                  11AA14wNQU.png
                  不要なスタートアップアプリをオフにできます。

                  「Security」タブでは、WindowsUpdateやデフォルトブラウザの指定、
                  ポップアップの制御などの設定が可能。

                  また、歯車アイコンをクリックすると設定画面が開きます。

                  Windows11ログイン時に同時起動したり、自動アップデートを
                  有効にしたりできます。

                  11AA14wZkn.png
                  「Security」タブからはマルウェアのスキャンや
                  WindowsUpdateを実行できます。

                  AA14wyMW.png
                  設定画面で、自動起動や自動アップデートの設定ができます。


                  「Microsoft PC Manager」のほとんどの機能は、Windows11の
                  標準機能を利用しているので、
                  新機能というわけではないのですが、環境の最適化
                  関する項目をまとめているので使い勝手が良いです。

                  マイクロソフト謹製アプリなので信用もできそうなので、
                  Windows11が重いと感じてる人は試してみてはいかがでしょうか。



                   にほんブログ村 IT技術ブログへ




                  関連記事


















                    (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

                    Windows11 22H2 iCloud写真 「フォト」アプリで表示ができる

                    Appleの「iCloud写真」のWindows11での
                    利用が可能になりました。

                    iCloud写真のデータがWindows11の「フォトアプリ
                    アップデートでこのアプリに直接統合。

                    l_yu_photo.jpg

                    この機能を利用するためには、フォトアプリを更新し、さらに
                    MicrosoftStoreからAppleのiCloudアプリをインストールして
                    ログインして、フォトアプリに同期する写真あるいはライブラリ
                    選択する必要があります。




                    ブログ有料化の為に
                    1クリックにご協力お願いします。



                    l_yu_photo2.jpg

                    Windows11 2022 UpdateWindows11 バージョン22H2)」で、
                    Windowsのフォトアプリにはギャラリー表示やOneDriveでの
                    バックアップ機能が追加されました。

                    iCloud写真の統合と同時に発表され「Apple TV」と「Apple Music」の
                    統合はまだ実現されていません。



                        にほんブログ村 IT技術ブログへ




                    関連記事


















                      (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
                      (この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
                      検索フォーム
                      カウンター



                      閲覧者数
                      現在の閲覧者数:
                      ジャンルランキング
                      [ジャンルランキング]
                      コンピュータ
                      201位
                      ジャンルランキングを見る>>

                      [サブジャンルランキング]
                      ウィンドウズ
                      54位
                      サブジャンルランキングを見る>>
                      RSSリンクの表示



                      カテゴリ
                      タグ一覧

                       Windows   Windows10   Windows11 

                       パソコン   インターネット   HTML 

                       自作パソコン   コマンドプロント 

                       Microsoft   アプリケーション   iPhone 

                       Android   Office2021   Excel 

                       Excel2021 

                       AfterEffects 

                      FC2リンク
                    1. 赤髪船長のCUSTOMラベル

                    2. ブロとも一覧

                      You talkin' to me ? 2nd_新たなる驚異を求めて

                      あっきーの雑記ブログ

                      LEVEL1 FX-BLOG

                      梅月夜の夢物語り

                      株式情報市場
                      QRコード
                      QR
                      ブログランキング




                      にほんブログ村 スマホ・携帯ブログへ にほんブログ村 スマホ・携帯ブログ iPhoneへ にほんブログ村 IT技術ブログへ にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄市・コザ情報へ

                      ブログ王ランキング

                      相互リンクとランキングプラス

                      PC・ソフトランキング









                      ランキング集計結果









                      タイムライン
                      セキュリティーソフト
                      ウイルスバスター公式トレンドマイクロ・オンラインショップ

                      ノートンストア

                      マカフィー・ストア

                      ZERO ウイルスセキュリティ

                      ソフトウェア
                      Acronis True Image

                      サイバーリンク Power2Go 12