主にWindows・ソフトウェア・スマートフォン関連の操作・設定を掲載してます、不定期の更新ですが是非、感想、コメント、評価をお願いします。 ブロとも・相互リンク募集中





iPhone バーコード決済をさらにスピードアップ


スマートフォンのバーコード決済とても便利です。
便利にしたくなるのが人間決済画面を開く手間のことです。

ドックにアプリを置いたり、ウィジットを出したりしていても、
ほんの少しですが手間がかかる。

直ぐに決済を終わらせたいのにアプリを探している間の
モサっと感が否めません。

そんな時に便利なのが「背面タップ」。

スマホを裏側から複数回タップすることで、登録した動作を
呼び出すことができる機能です。

iPhone以外のAndoridなどにも同様の機能があるようですが、
今回はiPhoneでの設定方法をご紹介します。

ブログ有料化の為に
1クリックにご協力お願いします。


設定手順

スクショを撮る」「画面の向きをロックする」などの
純正機能は直接登録できるのですが、純正でない機能は
ショートカットを作成する必要があります。

1AA16vvam.jpeg

ショートカットアプリを開いて、右上のプラスを押して新規ショートカットを追加。


アプリを開くアクションを追加して、決済アプリを
指定すれば、ショートカットの完成です。

2AA16vC0L.jpeg

背面タップの設定箇所は、ちょっとわかりずらいところにあるので
検索で出してしまいましょう。

設定アプリで「背面タップ」と検索すると「タッチ」という項目が出てきますので
それをタップ(色々紛らわしい気がします…)。

そのまま下にスクロールすると、背面タップの項目があります。

2回タップと3回タップに機能を割り当てられるので、
お好みで先ほど作ったショートカットを登録。

これでもう使えるようになりました。

ロックしたまま使用可能

すごいのは、スリープが解除されていればロック画面でも機能するところです。

ロックを解除すれば、すでに決済画面です。

Youtubeなどのアプリを開いていても、背面タップ
直に登録アプリケーションに飛べます。

タップが軽く、文字通り片手間で(しかもノールックで)
決済画面を出せる便利さは、導入の価値ありだと思っています。


是非、お試しください。



ビットフライヤーで仮想通貨
登録するなら招待コード【2iwsgrhu】コピペお願いします。



   にほんブログ村 スマホ・携帯ブログ iPhoneへ




関連記事


















    (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

    iPhone 初期設定「やってはいけないこと」

    最新モデルであれ、型落ちモデルであれ、手元に新品のiPhoneが届くと、
    「早く使い始めたい!」というはやる気持ちを抱いてしまいます。

    そのため、初めて電源を入れてから、表示されるがままに、次へ次へと
    設定したくなることでしょう。

    1AA15AhB7.jpeg
    iPhone本体の名前は、後からいくらでも変更可能


    ユーザーにとって不利益を被る結果となってしまう可能性があるかもしれません。


    ★本名を本体名に使ってはいけない

    カフェなどで、写真を友人と共有するためAirDropを立ち上げたとき、
    またはiPhoneでテザリングしようとPCのWi-Fiを立ち上げたとき
    知らない人の名前がついたiPhoneが「デバイス」に表示されたことはありませんか?

    初期設定ではiPhone本体の名前は、AppleIDに登録した名前が
    自動的につけられるようになっています。

    そのため、気付かないうちに自分の本名を周りの人に
    さらしてしまっているというわけです。

    電車やバスなど、ある程度人数が多い場所であれば“身バレ”する可能性は低そうですが、
    自宅マンションやオフィスのあるビルのエレベーターなど、定員人数の少ない場所では、
    やがて名前を特定されてしまうかもしれません。

    早急に対策を取りましょう。

    本体名の変更方法は簡単です。

    iPhoneの設定Appを開き、「情報」→「名前」と進めば、本体名を自由に変えられます。

    本名や性別を特定されにくいものにしておけば、より安全に使い続けられるでしょう。


    ブログ有料化の為に
    1クリックにご協力お願いします。



    AirDropの受信許可を「すべての人」にしてはいけない

    写真やWebサイトのリンク、目的地までの経路などを近くの人と
    共有するのにとても便利な機能の「AirDrop」。

    非接触でデータを飛ばし、複数人で同じデバイスの画面を
    のぞき込まずに済むため、“密”を避けられるという
    今どきにマッチしたメリットもあります。

    しかし、「AirDropチカン」という言葉が生まれたように、見ず知らずの人から
    不快な画像の受信リクエストが送られてくる被害も生じています。

    これを防ぎたいのであれば、AirDropの受信許可を
    「連絡先のみ」にしておきましょう。

    リリースされたiOS16.2では、AirDropの共有オプションの「すべての人」が、
    時間制限付きの「すべての人(10分間のみ)」へと変更されました。

    10分経過後は、「連絡先のみ」に自動的に戻るので、設定を
    変更し忘れたとしても安心です。

    iOS16へアップデートできるのは、2017年に発売されたiPhone 8以降のモデル。

    人気の高かったiPhone 6sやiPhone SE(第1世代)ユーザーは利用できないので、
    AirDropの受信許可設定を「連絡先のみ」にしておくようにしましょう。


    ★パスコードを他人が推測しやすいものに設定してはいけない

    iPhoneには高度なセキュリティ機能があり、ロック画面を解除するために
    パスコードやFace IDまたはTouch IDを設定するよう勧められています
    (設定しないと、Apple Payを利用できません)。

    瞬時にロック画面を解除できるFace IDやTouch IDが人気ですが、これらが
    機能しなくなったときのために、必ずバスコードを設定する必要があります。

    デフォルトでは6桁の数字、その他英数字や4桁の数字をパスコードとして
    設定できますが、これを生年月日や電話番号など、
    他人から推測されやすいものにしてしまうと、
    容易にiPhoneのロックを解除されてしまいます。

    中を見られるだけならまだしも、自分の知らないうちにネットショッピングを
    使われてしまい、金銭的な被害を受けてしまうかもしれません。

    iPhoneを使い始めるときに推測されやすいものでパスコードを
    設定してしまったのであれば、すぐに変更しましょう。

    設定Appを開き、「Face IDとパスコード」→「パスコードを変更」から行えます。

    6桁の数字ではなく、アルファベットも混ぜたいのであれば、「パスコードオプション」を
    タップして、リストから選択しましょう。

    より高度なセキュリティ対策を取ることができます。

    iPhoneで既に使っている場合は、ぜひ設定を見直してみてください。

    より安心したiPhoneライフを過ごせるようになります。


    ビットフライヤーで仮想通貨
    登録するなら招待コード【2iwsgrhu】コピペお願いします。



         にほんブログ村 スマホ・携帯ブログ iPhoneへ
        




    関連記事


















      (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

      iPhone 壁紙をランダムに変更する方法

      さまざまな機能が追加されました。

      このロック画面壁紙には、1日や1時間ごとの他、
      タップした時などにシャッフルして変更する機能があります。

      さまざまな写真設定して、気分を変えたいときなどに
      タップして変更するなど、便利な使い方ができます。

      設定にはまずロック画面を長押し(ロングタップ)した
      後に「+」を選択し、新しい壁紙を作成する
      画面で「写真シャッフル」を選択すます。

      pics_ipkabegami01.jpgpics_ipkabegami02.jpg
      壁紙カスタマイズ画面で「+」をタップし(画像=左)、
      写真シャッフル」を選択します(画像=右)





      ブログ有料化の為に
      1クリックにご協力お願いします。



      選択後はiPhoneが自動的に選択した写真を使える他、手動での選択も可能です。

      これは通常の壁紙が複数選ばれたもので、都市や人物などの
      カテゴリーを手軽に選べます。

      pics_ipkabegami03.jpgpics_ipkabegami04.jpg
      iPhoneが自動的に選択したものも使える他(画像=左)、自身で選択も可能です(画像=右)


      選択後もカスタマイズ画面左下の「■」が並んだマークをタップすれば、写真を追加できます。

      2022年11月現在、変わる間隔は「1日」「1時間」
      ロック画面を表示したら」「タップしたら」を選べます。

      pics_ipkabegami05.jpgpics_ipkabegami06.jpg
      実際に設定したプレビュー画面。タップすると画面が変わるようにした

      iOS16なら簡単に設定できます。



       にほんブログ村 スマホ・携帯ブログ iPhoneへ




      関連記事


















        (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

        iPhone iOS16の隠れた機能 Wi-Fiのパスワードの表示

        AA13gQGw.jpg

        友人が来た時
        iPhoneを触りながら、「Wi-Fi貸してくれない?」と言います。
        そんなときあなたはいつもルーターをひっくり返し、
        大きな声でパスワードを読み上げてませんか?


        iOS16、新しいロック画面、集中モードなど、
        さまざまな新しい機能の中で隠れている機能があります。

        実は使っているWi-Fiのパスワードを見ることができるんです。



        ブログ有料化の為に
        1クリックにご協力お願いします。


        [設定]から[Wi-Fi]を選んでください。

        20221115-121559.jpg


        つながっている[Wi-Fi]を選びましょう。

        S__38494210.jpg

        パスワードがタップできるようになっています。

        押してみましょう。

        FaceIDかTouch IDで先に進めます。

        そうすると...
        Wi-Fiのパスワードが表示されます。

        これをコピーすることができ、友達にテキストで
        ペーストして送ることができます。 

        ただパスワードは機密情報なので、くれぐれも信頼できる
        関係の人だけ渡すようにしてくださいね!




             にほんブログ村 スマホ・携帯ブログ iPhoneへ




        関連記事


















          (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

          iPhone14ProMax フォトレビュー、4800万画素のメインカメラ

          00.jpg

          iPhone14ProMaxは、A16 Bionicを搭載して全体性能の向上
          カメラの画質も4800万画素に強化されるなど、
          過去モデルからさまざまな進化を果たしています。

          外観を徹底的に確認してみました。

           iPhone14ProiPhone14ProMax - Apple(日本)
          これがiPhone14ProMaxのパッケージ。

          2AA12n2fQ.jpg

          開封するとまず本体が現れます。

          本体カラーはスペースブラックです。

          3AA12n4BA.jpg


          その下にはSIMピンとマニュアル、Appleロゴ型のシール
          Lightningケーブルがありました。

          4AA12ncP6.jpg

          本体はこんな感じです。

          サイズは縦160.7mm×幅77.6mm×薄さ7.85mmで、
          重量は240gです。

          5AA12njtr.jpg

          本体表面上部にはフロントカメラがあります。

          6AA12ngKZ.jpg

          背面にあるカメラはトリプルカメラ

          7AA12nak6.jpg



          ブログ有料化の為に
          1クリックにご協力お願いします。



          メインカメラ・超広角カメラ・望遠カメラの3種で構成されています。

          8AA12ngL1.jpg

          天面には特に何もなし。

          9AA12ncPf.jpg

          底面にはマイクとスピーカー、Lightningコネクタが配置されています。

          10AA12ncPi.jpg

          左側面にはSIMカードスロット、音量調節ボタン、サウンドオン/オフボタン。

          11AA12nakf.jpg

          右側面には電源ボタンがあります。

          12AA12mWLE.jpg

          iPhone14と大きさを比較してみたところ以下で、縦・横ともに
          iPhone14ProMaxの方がやや長め。

          13AA12n4BS.jpg

          本体の厚さは同じように見えますが、カメラ部分が
          iPhone14ProMax(左)の方がやや高くなっているのが分かります。

          公称値で比較するとiPhone14ProMaxの方が0.05mm厚くなっています。

          14AA12mWLM.jpg

          iPhone14はこれまで同様ディスプレイ上部の切り欠き(ノッチ)部分に
          TrueDepthカメラが詰め込まれていますが、iPhone14ProMaxは
          パンチホール型ディスプレイとなったためTrueDepthカメラ
          浮島のようにディスプレイの中に配置されています。

          15AA12neX9.jpg

          iPhone14ProMaxおよび「iPhone14Pro」では、
          通知・アラート・アクティビティなどをこの浮島周辺に表示する
          新UIの「Dynamic Island」が追加されています。

          16AA12n4BY.jpg




               にほんブログ村 スマホ・携帯ブログ iPhoneへ



          関連記事


















            (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

            iPhone スクリーンショット誤操作を防ぐ方法

            iPhoneをポケットやかばんから取り出そうとした際や、
            起床時のアラームを止めようとして
            スクリーンショットを撮ることがよくあります。

            間違えて撮ったスクリーンショット
            いちいち消すのも面倒ですが、
            音量を上げるボタンと電源ボタンを
            取り除けないです。

            pics_prtsc01.jpg


            それでも、「設定」の「画面表示と明るさ」から
            手前に傾けてスリープ解除」をオフにすると、
            iPhoneを持ち上げたときにボタンを押してしまい、
            スクリーンショットを撮ってしまうことはなくなります。
            アラームが鳴っているときは
            画面が点灯しているため抜本的な
            解決には至らないですが、
            暴発のタイミングはかなり減らせると思います。

            pics_prtsc02.jpg
            設定」アプリのトップからすこし下に
            スクロールすると「画面表示と明るさ」があります。

            pics_prtsc03.jpg

            手前に傾けてスリープ解除をオンにします。



             にほんブログ村 スマホ・携帯ブログ iPhoneへ



            関連記事


















              (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

              iPhone 文字が小さい! 拡大できない画面も拡大する方法


              AA10faIA.jpg


              iPhoneの文字や画像が小さい! と思った場合、
              「設定」アプリの「アクセシビリティ」から
              ズーム」をオンにすると
              画面を大きく拡大できるようになります。

              ズーム機能をオンにした直後は
              ズームインした状態で開始しますが、
              3本指でダブルタップすることで
              元の倍率に戻せる他、3本指ドラッグ
              上下左右へのスクロール、
              ズームイン/アウトの調整が可能です。

              ホーム画面やブラウザはもちろん、
              SNSアプリなど、2本指の
              ピンチアウト/インでは
              拡大できないアプリでも
              拡大できるのが魅力的です。



               にほんブログ村 スマホ・携帯ブログ iPhoneへ


              関連記事


















                (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

                iPhone バッテリーを長持ちさせる方法

                iPhoneバッテリーが減ってもすぐに
                充電ができないときは、
                バッテリー長持ちさせるために、
                7つの設定を試してみましょう。

                バッテリーを消費しがちな機能の設定を変更して、
                消費電力を抑えられます。

                まずは、低電力モードを有効にしたり、
                画面の明るさを調整したりすることから始めてみてください。

                AAW4GEE.jpg



                1.低電力モードを有効にする

                低電力モード」を有効にしましょう。
                低電力モードをオンにすることで、
                バックグラウンドでの動作を一時的に抑えられます。
                低電力モード設定するには、
                設定」アプリを開いて「バッテリー」をタップします。

                そして、「低電力モード」をタップしてオンにしましょう。


                2.画面の明るさの自動調整機能をオフにする

                画面の明るさの自動調整機能をオフにします。

                初期設定では、周囲の光量に合わせて自動で
                画面の明るさが調整されるようになっており、
                周囲が明るい場合は輝度が高くなってしまいます。

                この機能をオフにして画面の明るさを
                自分で管理することで、バッテリーの消耗を抑えられます。

                なるべく画面の明るさを下げておくといいでしょう。
                設定」アプリで「アクセシビリティ」→
                「画面表示とテキストサイズ」をタップし、
                一番下にある「明るさの自動調節」を
                タップしてオフにします。 

                低電力モードの切り替えを素早くしたい場合は、
                「低電力モード」をコントロールセンターに
                追加しておくと便利です。


                3.自動ロックの時間を早く設定する

                画面をつけたまま放置することが多い人は、
                自動ロックの時間を早く設定しましょう。

                画面を早く消灯し、無駄な電力を消費せずに済みます。

                自動ロックの設定をするには、「設定」アプリで
                「画面表示と明るさ」→「自動ロック」をタップします。

                自動ロックの時間が「30秒」から「なし」まで選べます。

                なお、「低電力モード」をオンにしていると、
                自動ロックが30秒に設定されます。


                4.バッテリー消費の多いアプリを確認する

                「設定」アプリの「バッテリー」の画面では、アプリごとの
                バッテリー使用状況を閲覧できるので、
                バッテリーを消費しがちなアプリを確認しておきましょう。

                24時間以内、または過去10日以内の使用率が
                パーセンテージで表示されます。

                あまり使用していないのにバッテリーを消耗しやすい
                アプリがあれば、アンインストールするか
                アプリの設定を変更しておくといいでしょう。


                5.位置情報の利用許可の設定を変更する

                「マップ」や「探す」アプリなどを使うときには
                位置情報は必須の機能ですが、必要ない場合には
                機能をオフにしておくと、バッテリー消費を抑えられます。
                「設定」アプリで、「プライバシー」→
                「位置情報サービス」をタップし、アプリの位置情報の
                利用設定を変更できます。

                位置情報の利用が必要なアプリでも、位置情報の使用設定を
                「アプリの使用中のみ許可」にしておくといいでしょう。


                6.Wi-Fiのオン/オフを使い分ける

                Wi-Fi環境でない場所でWi-Fiをオンにしたままだと、
                接続先を探し続けてバッテリーを消耗してしまいます。

                「設定」→「Wi-Fi」を順にタップするか、
                コントロールセンターからWi-Fiのアイコンをタップし、
                オン/オフを切り替えてバッテリーを長持ちさせましょう。


                7.ダークモードに切り替える

                バッテリーの節約を徹底するなら、画面全体の
                色味を暗くする「ダークモード」にしておくといいでしょう。

                黒を基調とした画面になって発光量が少なくなるので、
                少量ですが消費電力を節約できます。

                「設定」アプリで「画面表示と明るさ」をタップし、
                「ダーク」を選択します。


                是非、お試しあれ。



                  にほんブログ村 スマホ・携帯ブログ iPhoneへ



                関連記事


















                  (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

                  iPhoneのカメラを横向きで「シャッターボタン以外」で撮影する方法

                  iPhoneの「カメラ」アプリでは通常白い丸の
                  シャッターボタンをタップして
                  シャッターを切ると思うが、
                  「音量を上げる」ボタンを押してもシャッターを切れる。
                  これを利用すると、特に近くの小さいものを
                  撮影するとき、
                  さらに低い位置から撮影できるようになります。

                  AAXWxFi.jpg
                  横持ちで物理ボタンを押してシャッターを切るのは、
                  実物のカメラのようで少し楽しい。
                  カチッと押した感触と共にシャッターを切れるため、
                  こちらの操作が気に入る人も多そうです。

                  風景を撮る場合はあまり関係ないが、
                  iPhoneの左右を持ち替えるとカメラの位置が変わるため、
                  近くのものを撮影してみるとインカメラを
                  右側にして持った方が低い位置で撮影できる。
                  実際に同じ位置、同じ持ち方で
                  iPhoneの左右を変えた場合を確認してみよう。

                  小さいフィギュアやプラモデルを撮影することや、
                  カメラ以外にもSNS投稿のためにiPhoneを使うことがある。
                  そこで低い位置から撮影しようと、iPhoneを持ち替えて
                  カメラの位置を変えることも多い。
                  「もっと低い位置で撮影したい」と思ったとき、
                  音量ボタンでシャッターを切る
                  ついでにこの性質を思い出してもらえるとうれしい。


                     にほんブログ村 スマホ・携帯ブログ iPhoneへ



                  関連記事


















                    (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

                    iPhoneの着信音を作成する方法

                    WEBサイトを使用してiPhone着信音を作成

                    無料のiPhone着信音を取得する最も簡単な方法は、
                    Webサイトを使用して既存の着信音
                    ダウンロードすることです。
                    そのサイトほとんどは、お気に入りの曲を
                    アップロードして着信音に変換する可能性もあります。
                    着信音をPCにダウンロードしたら、
                    無料のCopyTrans Managerを介して
                    iPhoneに追加できます。最近のアップデートでは、
                    AppleiTunes着信音タブを取り除きました。
                    ただし、iPhoneに着信音を追加したとしても、
                    iTunesでそれを削除することは不可能です。
                    幸いなことに、CopyTrans Managerは着信音を削除できます。


                    無料のカスタム着信音の作り方

                    以下は、無料のカスタム着信音を
                    ダウンロード・作成するためのWebサイトを紹介します

                    Ringtonemaker「日本語対応」

                    Ringer「日本語対応」

                    Melofania「日本語対応なし」


                    無料のカスタム着信音を作成する方法

                    どのサイトに行っても、カスタム着信音を
                    作成する手順はほとんど同じです。
                    次の手順では、Ringtonemakerを使用して、
                    iPhone用の無料のカスタム着信音を作成できます。

                    Ringtonemakerの利点は、ユーザーアカウントを
                    作成しなくても、既存の着信音を無料で作成できることです。

                    1.Ringtonemakerを開きます。 
                    ページの上にある着信音の作り方の詳細に従いましょう。

                    1ringtons-com.png

                    2.「アップロード」をクリックし、好きな曲を選んでください。
                     Webサイトがファイルの処理を完了するまで待ちます。

                    2upload.png

                    3.これで、着信音に変換する曲の部分を簡単に選択できます。
                    ほとんどのサイトでは、最大30秒の着信音が許可されています。
                    曲の部分を選んだら、「再生」をクリックし、
                    選択した部分を確認します。

                    3select-part-of-song.png

                    4.確認した後、iPhoneのために「M4R」形式を選び、
                    「着信音を作る」をクリックします。

                    4create-rington.png

                    5.「ダウンロード」をクリックします。
                    作成された着信音がダウンロードフォルダーに保存されます。

                    5rington-download-1.png


                    6.ダウンロードフォルダーを確認します。

                    6check-rington-1.png


                    無料のカスタム着信音をダウンロードする方法

                    着信音を作る代わりに、直接にWEBサイトで既存の
                    iPhone着信音をダウンロードすることも可能です。
                    そのためにMelofaniaサイトをお勧めします。
                    Melofaniaの利点は、ユーザーアカウントを作成しなくても、
                    既存の着信音を無料でダウンロードできることです。

                    既存のiPhone着信音をダウンロードするには


                    1.Melofaniaを開きます。

                    7melofania.png

                    2.ページの上にある検索バーを使用して、曲を検索します。

                    8melofania-select-rington.png

                    3.次のウィンドウで「iPhone」を選択して、着信音を
                    「M4R」形式でダウンロードします。 
                    着信音はPCのダウンロードフォルダーに保存され、
                    iTunesまたは無料のCopyTrans Managerを使用して
                    iPhoneに追加できます。

                    9melofania-check-1.png



                    iTunesなしでコンピュータからiPhoneに着信音を追加

                    iTunesを使わず、パソコンからiPhoneに着信音を追加するには
                    CopyTrans Managerが役に立ちます。
                    CopyTrans Managerは無料だし、使い方もわかりやすいし、
                    iPhoneに着信音を追加・編集または削除できるので、
                    強くお勧めします。

                    CopyTrans ManagerでパソコンからiPhoneに
                    着信音を追加する手順に従ってください

                    1.CopyTrans Managerを下記のボタンからダウンロードしてください


                    2.CopyTrans Managerを起動して、「+追加」 ボタンを
                     クリックし、追加したい着信音を選択し、
                    「追加」をクリックします。

                    add-rington.png

                    3.「アップデート」ボタンを押し、変更を更新します。

                    update.png

                    選択した着信音がパソコンからiPhoneに追加されました。


                    カスタムのiPhone着信音を設定するには

                    パソコンからiPhoneに追加された着信音が
                    iPhoneの「設定」アプリに表示されます。



                    カスタム着信音をiPhoneに追加したら、iPhoneの
                    「設定」で次の手順に従って設定してください


                    ★iPhoneの「設定」アプリを開きます。

                    ★「サウンドと触覚」>「着信音」をタップします。

                    ★追加した着信音を選択します。


                    10settings-ringtons.jpg

                    普通は、着信音リストの上にすべてのカスタム着信音が表示されます。


                    iTunesを使ってiPhone着信音を作成


                    着信音を簡単に作成する次の方法は、iTunesを使用することです。

                    iTunesで着信音を作るために下記の手順に従ってください


                    1.iTunesを開き、着信音に変換する曲を選択します。

                    それを右クリックして「曲の情報」を選択します。


                    11select-song-1.png


                    2.新しいウィンドウで、「オプション」タブに移動し、

                    停止時間を30秒以下に設定し、 OKをクリックします。


                    12song-settings-1.png


                    3.曲を左クリックして、「ファイル」>「変換」の順にクリックし、

                    「AACバージョンを作成」を選択します。選択曲が複製されます。


                    13convert-song.png



                    ご注意:停止時間を削除するには、
                    必ず初めの曲の停止時間を直してください。


                    4.作成した曲のAACバージョンを選択し、

                    右クリックして「Windowsエクスプローラーで表示」を選択します。


                    14song-in-folder-1.png


                    5.作成された曲がフォルダーに表示されます。 

                    次に、ファイル拡張子を「 .m4a」から「.m4r」に手動で変更します。


                    15song-rington.png


                    6.iPhoneをコンピュータに接続し、新しく作成した着信音を

                    フォルダーからiTunesの「着信音」にドラッグアンドドロップします。


                    16add-to-itunes-1.png


                    新しいファイルをiPhoneの着信音として設定するには、

                    iPhoneで「設定」>「サウンド」>「着信音」に

                    移動し、新しい着信音を選択します。


                    カスタムのiPhone着信音を設定するには、iPhoneの

                    「設定」アプリを開き、「サウンドと触覚」>「着信音」にタップし、

                    追加した着信音を選択します。

                    普通は、着信音リストの上に

                    すべてのカスタム着信音が表示されます。


                    17rington-iphone.png




                    にほんブログ村 スマホ・携帯ブログ iPhoneへ 


                    関連記事


















                      (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
                      (この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
                      検索フォーム
                      カウンター



                      閲覧者数
                      現在の閲覧者数:
                      ジャンルランキング
                      [ジャンルランキング]
                      コンピュータ
                      195位
                      ジャンルランキングを見る>>

                      [サブジャンルランキング]
                      ウィンドウズ
                      50位
                      サブジャンルランキングを見る>>
                      RSSリンクの表示



                      カテゴリ
                      タグ一覧

                       Windows   Windows10   Windows11 

                       パソコン   インターネット   HTML 

                       自作パソコン   コマンドプロント 

                       Microsoft   アプリケーション   iPhone 

                       Android   Office2021   Excel 

                       Excel2021 

                       AfterEffects 

                      FC2リンク
                    1. 赤髪船長のCUSTOMラベル

                    2. ブロとも一覧

                      You talkin' to me ? 2nd_新たなる驚異を求めて

                      あっきーの雑記ブログ

                      LEVEL1 FX-BLOG

                      梅月夜の夢物語り

                      株式情報市場
                      QRコード
                      QR
                      ブログランキング




                      にほんブログ村 スマホ・携帯ブログへ にほんブログ村 スマホ・携帯ブログ iPhoneへ にほんブログ村 IT技術ブログへ にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄市・コザ情報へ

                      ブログ王ランキング

                      相互リンクとランキングプラス

                      PC・ソフトランキング









                      ランキング集計結果









                      タイムライン
                      セキュリティーソフト
                      ウイルスバスター公式トレンドマイクロ・オンラインショップ

                      ノートンストア

                      マカフィー・ストア

                      ZERO ウイルスセキュリティ

                      ソフトウェア
                      Acronis True Image

                      サイバーリンク Power2Go 12