主にWindows・ソフトウェア・スマートフォン関連の操作・設定を掲載してます、不定期の更新ですが是非、感想、コメント、評価をお願いします。 ブロとも・相互リンク募集中





Windows11が動くCPUのスペック(仕様)について

2021年秋10月5日にリリースされた「Windows11」では、
Windows10に比べるとより性能の高いCPUが必要になります。
セキュリティや信頼性を確保し、
現在使っているソフトウェアとの互換性を保つためです。
この記事ではWindows11に必要なCPUのスペックと、
現在お持ちのパソコンでの対策方法について解説します。



CPUとは
PC上で中心的な役割を果たし、
人体でいえば頭脳にたとえられるパーツです。
計算を行う「演算」と、パーツやデバイスの動作を
コントロールする「制御」の役割を担っています。


Windows11は、32bitCPUには非対応

Windows10まで対応していた32bitCPUは、
Windows11からは非対応となります。

[Windows11のシステム要件]

CPU 1GHz以上、2コア以上の64ビット互換プロセッサ
または System on a Chip (SoC)
メモリ 4GB
ストレージ 64GB以上
システム ファームウェア UEFI、セキュアブート対応
TPM TPM2.0
グラフィックス カード DirectX12以上 (WDDM2.0) に対応
ディスプレイ 対角サイズ 9 インチ以上で 8 ビット
カラーの高解像度 (720p) ディスプレイ

概要としては現在のところ、少なくとも64bitのCPUが必要になります。


お使いのパソコンが64bitCPUなのか確認する手順


ご自身がお使いのパソコンに64bitCPUが

搭載されているかどうかは、

Windowsの「システム」からわかります。

①画面の左下、Windowsアイコンを右クリック

fig1_win.jpeg


②メニューから「システム」を選択

fig2_menu.jpeg


③画面右下「デバイスの仕様」を見る

fig3_system.jpeg


④「システムの種類」の右端を見ると、

64bitCPUかどうかわかります。


・x64 ベース プロセッサ・・・64bitCPU

・x86 ベース プロセッサ・・・32bitCPU


fig4_32bit.jpeg


32bitCPUだった場合、Windows11へのアップデートはできません。

Windows10のサポートが終わる2025年10月までに、

Windows11が稼働するパソコンへの買い換え、

または対応するCPUを載せられる

マザーボードへの入れ替えなど、何らかの対策が必要です。


現在対応予定のCPUなのかチェックするには


さらに64bitCPUのすべてが、

Windows11に対応しているわけではありません。

お使いのパソコンのCPUが

Windows11対応しているかどうかは、

Microsoftの公式サイトで調べればわかります。


対応を検討中のCPUも


64bitCPUの中でも、現在のところ

対応しているのは以下のCPUとなります。

・Intel 第8世代プロセッサ

・AMD Zen 2

・Qualcomm 7/8 シリーズ

さらに Intel 第7世代プロセッサ、

AMD Zen 1への対応も現在検討中です。


Windows11対応のCPUかどうかチェックする方法


お使いのPCのCPUが、

Windows11に対応するか公式サイトで調べてみましょう。


パソコンに載っているCPUの型番を調べる


先ほど開いた「システム」→「デバイスの仕様」を

もう一度見て、「プロセッサ」に書いてある

CPUの型番をチェックしておきます。


fig5_CPU.jpeg

上記の例では「Intel Core i7-8700」が型名になります。


Microsoftのサイトに掲載されているか調べる


次に下記のMicrosoft公式ページから、

お使いのパソコンのCPUを探します。

おそらくほとんどの方が「Intel」です。


[メーカーごとのCPU対応ページ]

Intel

AMD

Qualcomm

リストにはたくさんのCPUが掲載されています。

ブラウザ上から[Ctrl+F]キーなどを

使い検索すれば見つかりやすいですよ。


fig6_list.jpeg


「Intel Core i7-8700」はリストに掲載されているため、

Windows11に対応しているパソコンだとわかります。


このリストに掲載されていなければ、

現在のところWindows11には対応していません。


CPUがWindows11に対応されなかった場合の対策


64bitCPUで、なおかつリストに掲載されていなければ、

まずはWindows11のアップデートを待ちましょう。


それでもWindows11対応に該当しなかった場合には、

以下のような対応が必要になると考えられます。


1.引き続きWindows10を利用する


Windows10のサポートが終了する2025年10月14日までは、

引き続きWindows10を使えます。

サポート終了までに新しいパソコンに

リプレースするなど、先々での対応が必要です。


2.新しいパソコンに買い換える


現在発売されているPCは、

Windows11へのアップデートに対応しています。

これから新しいPCを用意するなら、

Windows11対応を心配する必要はありません。


3.パーツを交換する


デスクトップPCなど拡張性のあるパソコンで、

CPUだけがWindows11に対応していなかった場合、

対応済みのCPUに載せ替えて対応できる可能性もあります。

メーカの既成PCでは難しいでしょう。

自作PCでは対応できる可能性があります。


しかしこのような場合、CPUを載せるマザーボード(基板)

ごと交換が必要になる可能性が高いです。

新しいパソコンの買い換えを検討したほうが、

コストは安く済むかもしれません。


Windows11に対応するCPUの種類まとめ


Windows11に対応するCPUの種類と、

対策方法について解説しました。


CPU以外にも、Windows11で必要とされる

ハードウェア要件は全体的に少々厳しくなっています。

まずは様子を見てさらにCPUだけでなく

パソコン全体を見て、

最終的な対応を決めるのが良いでしょう。


(参考)その他の要件TPM2.0


CPUとは別にTPM要件があります。

セキュリティ要件になります。

TPMの利用例はBitlockerになります。

Bitlockerを有効にすると

他人がパソコンを開けないようにしたり、

ファイルを持ち出せなくすることが可能です。



にほんブログ村 PC家電ブログ Windowsへ  
関連記事


















    (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    (この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
    検索フォーム
    カウンター



    閲覧者数
    現在の閲覧者数:
    ジャンルランキング
    [ジャンルランキング]
    コンピュータ
    250位
    ジャンルランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    ウィンドウズ
    61位
    サブジャンルランキングを見る>>
    RSSリンクの表示



    カテゴリ
    タグ一覧

     Windows   Windows10   Windows11 

     パソコン   インターネット   HTML 

     自作パソコン   コマンドプロント 

     Microsoft   アプリケーション   iPhone 

     Android   Office2021   Excel 

     Excel2021 

     AfterEffects 

    FC2リンク
  1. 赤髪船長のCUSTOMラベル

  2. ブロとも一覧

    You talkin' to me ? 2nd_新たなる驚異を求めて

    あっきーの雑記ブログ

    LEVEL1 FX-BLOG

    梅月夜の夢物語り

    株式情報市場
    QRコード
    QR
    ブログランキング




    にほんブログ村 スマホ・携帯ブログへ にほんブログ村 スマホ・携帯ブログ iPhoneへ にほんブログ村 IT技術ブログへ にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄市・コザ情報へ

    ブログ王ランキング

    相互リンクとランキングプラス

    PC・ソフトランキング









    ランキング集計結果









    タイムライン
    セキュリティーソフト
    ウイルスバスター公式トレンドマイクロ・オンラインショップ

    ノートンストア

    マカフィー・ストア

    ZERO ウイルスセキュリティ

    ソフトウェア
    Acronis True Image

    サイバーリンク Power2Go 12